写真を撮るのがすきな愛のブログです。リンクフリーです☆


by tuga369
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:食物(음식) ( 18 )

いちじく

e0029472_01150199.jpg
いちじくが旬なので
生ハムと水切りヨーグルトで


e0029472_01152767.jpg
いちじくサラダを作って
みました。ドレッシング
を作るのがめんどうなので
EXオリーブオイルで。

材料の写真を撮ったあとに
産直のぶどうが届くという
タイムリーさ!!(笑)
さっそく巨峰をサラダに
使いました^^

いちじくと生ハムのサラダ☆


[PR]
by tuga369 | 2016-08-28 01:32 | 食物(음식) | Comments(0)

透明な赤いガラス。

e0029472_22251332.jpg


ざくろの実。ざくろの木の下へ行くと熟してはじけた実が落ちていて、
「くだものは熟すと落ちる」ということを実感させてくれる木。
木の下に散らばった赤くて透きとおった実は、宝石のように見えて、
こんなにきれいなくだものは、ちょっと他にない気がする。
ざくろ石はガーネットの別名なのですが、ざくろの赤くて透明な色は、
ガーネットよりもスピネルに似ていると思う。

ざくろは実のほとんどが種で、重量に対して可食部が少ない果物
なのですが、甘酸っぱい味がなんともいえず美味しい。

東京国際映画祭のクロージング、「王の男」いよいよあしただなあ。
公式サイトのTrailerで予告編をみたら王の妾、ノクスがコンギルに
嫉妬しまくりです(笑)まあ、ある日突然、王のお気に入りの芸人が
宮廷に入って来て、自分よりもきれいだったら、おもしろくないだろう。
[PR]
by tuga369 | 2006-10-20 22:53 | 食物(음식) | Comments(2)

いちじくとぶどう。

e0029472_23303065.jpg


いちじくと葡萄を撮ったらなんかグロくなった。両方とも起源が旧い
せいか、クラシカルな感じがする果物だ。静物画にもよく出てくる。

フェルベールのミントとさくらんぼのジャムを試食した(試食ばかり
しているな)はじめはさくらんぼにミントってどんな味なんだろうと
思ったのですが、食べてみたらミントが主張しすぎず、逆に果物の
風味を引き立てていておいしかった。ミントとさくらんぼをあわせる
なんて発想がおもしろい。売場のひとに「このジャムあまり見かけ
ないですよね~」というと、フェルベールさんが体調を崩して過去に
一時生産ストップになってしまったこともあるそうだ。作っている人の
コンディションによって生産が左右されるなんて同人作家みたいだ…。

「レディ・イン・ザ・ウォーター」の前売り券をファミリーマートで入手。
(インターネットで買ったチケットをファミマで紙発券した)映画の予告
CMを見た兄のコメント「なんかわけわかんなそうな映画だね」うーん。
たしかに(-_-;)

9月29日からミネラルフェア。10月1日は富岡八幡宮の骨董市。
[PR]
by tuga369 | 2006-09-27 00:36 | 食物(음식) | Comments(6)

果実酒とシロップと。

装苑70周年のイベントをやっていて、福田里香さんの展示を見に行く。
13時ごろ会場についたのですが、お昼時なせいか空いてました。
カフェの向かい側のいつもはお花屋さんがあるスペースで果実酒の
展示をやっていて、何と福田里香さんがいらっしゃいました。はじめ
本人ではなくスタッフの方だとばかり思っていて、ぼーっとしてるうちに
向かいのカフェへ行ってしまいました。家にある本を持ってきてサイン
してもらえば良かったなあ…。

e0029472_19382543.jpg


果実酒製造中。50cmくらいの高さのガラス容器にプラムやプルーン
などがお酒(多分ウォッカ)と氷砂糖と一緒に浸けてあります。展示が
8月28日から始まったので、前日に福田さんが果実酒を浸けたり、
いろいろディスプレイをしたんだなあ…と感慨に浸る。スタッフの方の
お話によると、今回のイベントマークが青いばらなので、果実酒には
プラムや桃など、全てバラ科の果物を使ったとのこと。

e0029472_19424835.jpg


入口左側にあった苺の果実酒。苺と氷砂糖、装飾にスワロフスキーが
入っています。中に入っているスワロフスキーは殺菌してありますが、
飲む用ではなく、あくまでも装飾用とのこと。オブジェとしてみると良い
ですね。こっくりとした色がなんともいえません。

e0029472_19471958.jpg


一坪くらいの小さなスペースなのですが、天井の近くの棚にも果実酒が。
こちらは桃だそうです。浸け始めはピンク色だったのですが、アルコール
に反応してこのような色に。底には氷砂糖。(まだ溶けきっていない状態)
棚にはスワロフスキーとともに今回のテーマであるレースペーパーが。
天井から吊り下げられたレースペーパーのシェードは、向かい側のカフェ
の装飾にも使われていました。
[PR]
by tuga369 | 2006-08-30 00:00 | 食物(음식) | Comments(4)

グリーンライチ。

e0029472_1144737.jpg


デパ地下で中国産グリーンライチを発見。約20個入りで640円。
午前中はまだ品物がたくさんあったので、帰りに買おうと思って
夕方売場に寄ったら、2かごしか残っていなかった。売場の人に
明日もグリーンライチが入荷するのか聞いたら、入らないという
事だったので、売りきれる前に買う事が出来てラッキーだった。

グリーンライチは皮の色が抹茶のような落着いた緑色で、部分的に
赤みがさした実も混じっている。昨年ネットで買った台湾産ライチに
くらべるとグリーンライチの方が甘みが若干あっさりしているかんじ。
粒もこぶりで中国産の方がすきかも。去年ライチについて日記に
書いていたら掲示板で〆鯖さんに中国には緑色のライチがあると
教えていただいたのですが、偶然グリーンライチの実物を見る事が
できて感動した。
[PR]
by tuga369 | 2006-06-06 00:00 | 食物(음식) | Comments(2)

五月の苺。

e0029472_2230585.jpg


苺の本来の旬は五月らしい。苺は冬でも売られているけど、やはり
五月の苺がおいしいと思う。

つげ櫛が届いた。木目がきれい~。櫛を作る前に木目がくるわない
ようにつげの木を燻煙するそうで、櫛にスモーキーなかほりが(笑)
櫛のおまけでミニつげ櫛の根付がついてました。かわええ。根付の
櫛も手作りだそうです。櫛屋さんのお店の住所を見たら、偶然にも
貝塚市王子だった。テレプシと処天(笑)それからHPの櫛の由来に
ついて見ていたら、廐戸のおじいさん、欽明天皇の名前が!
>その由来は古く、仏教が我が国に伝わった直後の560年頃、
欽明天皇の御代に八種類の櫛造りの器具を持った異国人(たぶん
韓国人か中国人)が貝塚市二色浜に漂着し、里人に櫛の製法を
伝授したのが始まりと言われています。

TVを見ていたら、CMに小野妹子が。東京ガス「床暖房・小野妹子編」
酒井若菜が髪を美豆良に結った飛鳥なコスで登場したので驚いた(笑)
映画「恋の門」といい、酒井若菜ってコスプレ多い気が…。
[PR]
by tuga369 | 2006-05-09 00:00 | 食物(음식) | Comments(0)

苺シロップ。

e0029472_224080.jpg


毎年苺ジャムを作るのですが、今年はシロップにしてみた。
ジャムのように煮詰めなくても良いので、作るのが楽。
ほんとうは果肉とシロップを分けるところを苺を中に入れた
まま写真を撮ってみる。本には水や炭酸水でシロップを割って
飲むと書いてあるのですが、牛乳に混ぜて苺牛乳にするのが好み。

無印良品で土釜おこげ(ご飯を炊く土鍋。定価4~5千円)を
千円で買う。商品の入れ替えでディスプレイに使われていた
ので値下げされていた。ディスプレイ品と云っても土鍋に少し
キズがついているくらいで、品質的にはまったく問題がない。
うちで5年くらい使っている無印の土釜おこげ(初代)がそろそろ
弱ってきたので、新しいのを2代目としてほぼ毎日使っている。

指輪ができたのでバイトの帰りにお店へ取りにゆく。今回は
めずらしくオーソドックスな枠を選んだので、無難な感じです。
[PR]
by tuga369 | 2006-04-07 00:00 | 食物(음식) | Comments(0)

真夜中のジャム部。

洋梨のジャムを作るために山形から小粒の洋梨を取り寄せる。
洋梨はそろそろ終りの時期なので1箱24個入り千円と安かった。
届いた箱を開けると小さい洋梨が箱の中にぴっちりと整列しており
うつくしい。もちろん生食でも良いのですが、煮るとどんな風味に
なるんだろう。というわけで煮てみた。

皮と芯をとった洋梨400gに対して砂糖80gで煮たら黄色がかった
半透明のピュレ状に煮あがった。色や見た目は林檎ジャムに似ている。
食感は林檎ジャムがしゃりしゃりなのに対して洋梨はとろんとやわらかい。
ジャムの中で果肉がごろごろしてるのが好きなので洋梨を4つに切ったあと
手で適当にくずしたらジャム状になるのに少し時間がかかった。次回はもう
少し細かくつぶそう。やはり煮るなら苺のような水分の多い液果のほうが
液状になるのが早い。洋梨ジャムを試食した感想は甘い。洋梨自体に
ほわんとした甘さがあるので、砂糖を少なくした方が良かったかもしれない。
[PR]
by tuga369 | 2006-02-04 00:02 | 食物(음식) | Comments(0)

ビオレーソリエス。

鉢植のいちじく(ビオレーソリエス)に4年かかって1個だけ
実がなった。なんか10年ぶりに子供が授かった親のような
心境だ(ちょっと違う)日当たりの良い場所に地植えにすれば
もっと実がなると思う。果皮が黒っぽい紫色になってきたので
実を木からもぎ取って食べてみた。放任栽培もいいところ
なので味が薄くておいしくないだろうな~と思って食べてみたら
意外にも甘みがあっておいしい(お米のとぎ汁が効いたのか)
鉢植でも実がなる丈夫な品種なので来年は2~3個くらい
採れるはず。園芸カタログをみているといちじくの品種は
フランス産のものがやたら多い。フランス人いちじく好きなのか…?
カタログには「ねっとりした濃厚な甘さ」「糖度17度」などといった
キャッチコピーが並ぶ。

庭や花壇に果物の木があると花が咲いたり、実が色づいてゆく
様子などをみることができて楽しい。収穫率は悪いですが(笑)
今年は桃といちじくに実がついたので、来年は葡萄のツルに
実がなっているところを見たい。

テレプシに第二次性徴期の体の変化を千花ちゃんが意識する
シーンがよく出てくる。ハトシェプストにも成熟拒否なシーンが
出てくるし、なんだろう?何か隠されたテーマがあるのかな。
それにしてもバレエってすごいね。レッスンはもちろん、
体型や健康状態を維持したり、バレエが出来なくなった時に
つぶしが利くように勉強もしなきゃならないし、経済的な面でも
大変だ。バレエのチケットが高いのもうなずけるよ(笑)
テレプシコーラ8巻は11月22日に発売だそうです。
[PR]
by tuga369 | 2005-11-09 00:35 | 食物(음식) | Comments(0)

山葡萄ジャム。

e0029472_9365638.jpg


いつもは銅のボウルでジャムを作るのですが、ぶどうを煮ると
金属臭が出ておいしくないので、白いほうろうの鍋で煮る。
山葡萄をよく洗って、房からはずす。房からはずした山葡萄300gを
大きめのボウルの中でレモンの絞り汁と一緒に(変色防止のため)
手で荒くつぶし、鍋に300ccの水と一緒に入れて煮る。
沸騰したらガーゼをひいたステンレスのざるに煮たぶどうを入れて
ボウルに果汁を集める。この時思わず果汁を絞りたくなるが余計な
苦味が出てしまうので絞らない。自然に放置して果汁が集まったら、
(だいたい300ccくらい取れる)鍋に果汁を戻し、グラニュー糖80gを
入れて(味見をしながら加減する)少しとろみのついたシロップくらいに
なるまで煮る。出来上がったらガラスの容器(熱湯を注いで拭いておく)
に入れてあら熱が取れたら冷蔵庫で保存。

山葡萄の皮と種にふくまれるペクチンのせいかかなり水っぽい状態でも
冷蔵庫に入れておくとちゃんとジャムらしく固まっている。

e0029472_9414263.jpg


山葡萄で染まったガーゼの布を下に敷いてみた。
[PR]
by tuga369 | 2005-10-21 00:00 | 食物(음식) | Comments(0)