写真を撮るのがすきな愛のブログです。リンクフリーです☆


by tuga369

<   2005年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

梅柄の巾着。

e0029472_19161269.jpg


写真は以前作った梅柄の巾着。はぎれを東郷神社の骨董市で
買ってきて、古い布なので補強するためにアイロンで接着芯を
貼り、市販のレーヨンのちりめん(黒)と縫い合わせて作った。
作るのはめんどくさいのですが、着物に合わせる小物って買うと
意外と高いのですよ!…というわけで自作する事に。
自分で作ると手間がかかるけど、ひもとか裏地とかすきな色を
選べるのがよい。

レンガ色の着物に合わせる為に羽織を探していて、男物の紬(つむぎ・
横にふしのある織物)の茶色の羽織りを試着したら雰囲気はけっこう
良かったのですが、生地の状態があまり良くなかったのでパスした。
レトロな銘仙の羽織りも合わせてみたのですが、ちょっと違う感じ。
それから別のお店で「黒の羽織りは着物の色を選ばないだろう」と
思って試着したら、生地の状態はとても良かったのに授業参観の
着物みたくなってしまって失敗だった。

結局リサイクル着物屋を3軒見て緑の鹿の子絞りの羽織りを買った。
裏地は竹の柄。またもや絞りですが、絞りの羽織は昔流行ったそうで、
リサイクル着物屋さんへ行くと4000円~7000円位の羽織としては
比較的手頃な値段で売っている。昔の物なので袖の長さや裄(ゆき・
背中心から手首までの長さ)が5cmくらい短かったりするのですが、
やわらかな風合いでかわいい。
[PR]
by tuga369 | 2005-11-30 00:00 | 着物(기모노) | Comments(0)

音。

パソコンで文字を打っている時に背景で人の話し声がしたり、
見もしないTVがついているのが耐えられない。文字を書く能力と
ヒアリング能力が交錯して言語脳が混乱する感じだ。しかしつがの
親の世代は平気でTVをつけたまま眠ってしまったり(信じられん)
逆にTVがついてないと寂しいと云う。TVの音が生活音として定着
してしまっているという感じか。

家の中にいても電話の音や外からいろいろな音がして
無音という事がない。音の中でも快い音と不快な音があり、
良い音は人を感動させるけど、不快な音は人をいらいらさせる。
聴覚というのは五感のうち、いちばん最後に残る感覚だそうだ。
たとえば亡くなったばかりの人の近くで何か云ったりすると
聞こえてたりするらしい(こわい…)

ホラー映画は「音」が怖さを演出するうえで、とても効果的に
使われていると思う。主人公のうしろで変な音がしたりね(笑)
お凉様の作品も音や声が重要な役割を果たしていると思う。
tsutayaのホラー映画の棚で「the villege」のDVDを探した
のですがなかった。同じ監督の「シックスセンス」はあったのになあ。
[PR]
by tuga369 | 2005-11-29 00:00 | その他(그밖) | Comments(0)

57000。

e0029472_22473434.jpg


カウンタが57000を超えました。だんだんとキリ番59690
(ごくらく)に近づいていますね~(笑)ありがとうございます。
しかし12月の表紙をまだ描いていない…。

えんじとか青とか濃い色の紙に白でスタンプしようと思ったら
文具店に白のスタンプ台って売ってないね。なぜだろう?

「SAYURI」の前売り券を入手。前売り特典のカレンダーは
1枚ものですが、掛け軸のような縦長の形で良い感じです。
[PR]
by tuga369 | 2005-11-28 00:00 | その他(그밖) | Comments(0)

テンペラ画。

あと数時間後にテンペラ画のワークショップへ行く。
テンペラ画についてはまったく無知だ。ワークショップを
開催する場所へも一度も行ったことがない。当日はお弁当
持参で10時から16時まで缶詰だ。はたしてつがは無事に
植物画を描き終えうちへ帰れるのか?     (以下次号)

うちに帰ってきた。きょうのワークショップの講師は芸大の
先生らしい。ガーン。30分遅刻していったらもう始まってて、
なんか絵に関する難しげなコトを話しておられる。ううわからん。
思っていたよりも本格的な雰囲気で、ここにいるのは非常に
場違いなのではないかと思いながら聞いていた(あとで先生と
少し話したら、気さくで飄々としたおっちゃんという感じだった)
参加者は中高年の人が多かったけど小学生とか若い人も
結構来ていた。みんな日曜日なのにまじめに出席している。
ふだんから絵を描いている人が多いらしく、みんなうまいよ!
予想通り小学生がきっちり描いていた。

HBの鉛筆で植物をスケッチして、その上から面相筆と薄墨で
輪郭線を入れて刷毛で画面全体を薄い中間色で塗る。それから
テンペラ絵の具の白でハイライトを入れる。その上から水彩で
着色という段取りなのですが、画家の人が描いた菊を見たら、
薄墨で陰影をつけて白でハイライトを入れただけなのに、うまいよ!
紙はワークショップの方で用意してくれた水彩紙(アルシェ)で、
わりと厚みがあって手ざわりが良く、なんか良い紙らしい。

テンペラ絵の具は卵の白身と黄身を混ぜたものに揮発系の松根油
(テレピン油?)と亜麻仁油(リンシードオイル)を混ぜてマヨネーズ状
の液体(エマルジョン)を作る。粉の顔料を水で溶いてマヨネーズ状の
液体を少量つなぎに入れるという感じだ。卵が日本画の膠(にかわ)の
ような役割をしていて、松根油には防腐・防カビ効果があるそうだ。
絵は時間内に完成できなかったけど、なかなかおもしろかったです。
しかし会場へ行く途中、スケッチブックを駅のパン屋に忘れるという
アクシデントが!あとでそのお店に取りに行ったのですが、スケブに
やばい絵を描いてなくてほんとうに良かった(笑)
[PR]
by tuga369 | 2005-11-27 00:31 | 工芸(공예) | Comments(2)

SAYURI。

映画SAYURIが気になる。
外国人から見たゲイシャとかフジヤマとか勘違いな映画なの
かなと思ってCMの映像を見たら、きれいだったのですよ。
主演はチャン・ツィイー(アジエンスのCMに出ている人)
桃井かおりがハリウッドの映画に出るから「夢・音楽館」(NHKの
音楽番組)を休むとか云って冗談かと思ったのですがこの映画の
ことだったのか~。桃井かおりの役柄はお茶屋のやり手の女将役
とかかな?公式サイトをみたら1300円の前売り券にカレンダーが
つくそうです。
[PR]
by tuga369 | 2005-11-26 01:40 | 映画(영화)・ドラマ | Comments(0)
女の一代記シリーズの瀬戸内寂聴のを見た。う~ん。あんな
どちらともつかない膠着状態が十年も続くなんて疲れるよなあ。
思わず出家するしかないという感じだ。
作家になるために上京して住居を転々とするのですが、偶然
借りた家が「そこに住んだ人が出世する」という縁起の良い物件
だとかおもしろい。そういう家ってあるんだね。しかしあんなわけ
ありなふたりを入居させる大家さんは懐が深いというか粋だなあ。

この作家の小説は「愛死」と「源氏物語」しか読んだことが
ないのですが、「女徳」(じょとく)とか女の人の業を描いた
作品が多いみたいだ。ドラマをみながら「愛死」とか漢語的
表現が多いのは中国にいたことがあるからかなと思ったり。
出家を決意するときの「あんた男はどうする?」という問いに
「断ちます」という有名なセリフが出てきてうれしかった(笑)
あと「自分に嘘はつけない」というセリフが印象に残った。
作家ってそういう人多そうだな~。

仕事が出来る人は決断が早いというのは本当だ。結果的に
その判断が正しいにせよ誤っているにせよその場で即決する。
決断というのは物事に決定を下して決定以外の考えや要素を
全て断つということだと思うのですが、そういうのが苦手で
うだうだしているうちに時間が経過してしまうという事が多い。
[PR]
by tuga369 | 2005-11-25 00:00 | 映画(영화)・ドラマ | Comments(0)

8人の吸血鬼たち展。

椿さんのグループ展へ行って来ました。
会場へ入ると椿さんの油彩画がニ点あって、薄もやというか
霧がかかったような淡い色彩ですてきだった。椿さんの原画を
見たのははじめてなのですが、油彩画なのに水彩画のような
透明感があってふしぎだ。「薔薇を喰(は)む」と「思ひ出草」
という題だったと思うのですが、「思ひ出草」は思いつめた感じの
表情の少女が血が出た指を見つめている絵で、陰のある色調の
絵でひき込まれる感じだった。椿さんの描く絵は幻想的というか
ふしぎな感じがする。

個展会場の名曲喫茶はつねにレコードがかかっていて、
白い壁にこげ茶色の木のテーブルと椅子のあるレトロな
喫茶店でした。ギャラリーへ来たお客さんは飲み物が
150円引きになるという特典があり、ミルクティーを注文
したのですが、ミルクがこくのあるエバミルクだったので、
久しぶりに紅茶に砂糖を入れて飲みました。ギャラリーで
絵を眺めながらゆったりと飲むお茶はおいしい。

ギャラリーへ行く途中にカルディという輸入食品店があり、
探していたリンツの85%カカオチョコレートの薄いタイプを
発見!ここジャムとか安くて良いよ~。お昼は近くにある
ゆずという居酒屋さんで食べた。メニューがなぜか全部
筆書きというのもすごいが、鯵のお刺身が新鮮でおいしかった。
[PR]
by tuga369 | 2005-11-24 21:38 | 旅行(여행)・イベント・街歩き | Comments(0)

デザイナー。

23日放送の「デザイナー」どうしたんだろうね。まさきと朱鷺が
昼間から抱き合っててなんかやおいモード炸裂。短いシーン
かなと思いきや延々とふたりのシーンが続く。…こんな昼間
からええのん?いや~TBSはすごいね!
家でネタを書いているとアンケートだのセールスだのやたらと
電話がかかってくるのはなぜなのか。ひ、ひとりにしてくれ…。

葡萄色の別珍足袋を見つけてしまった。なんか最近、葡萄色に
弱い。ぶどう色のマフラーも持っている。これで葡萄色の手袋が
あれば完璧だ。手袋はニットだといくらか伸縮するので手が入る
のですが、皮手袋だとサイズ的に婦人物ではきつい。
う~ん。みんなあんなに手がきゃしゃなのか。手と足(25cm)が
大きいので手袋とか靴を探すのに苦労する。手袋は紳士物を
探すという手もあるのですが、色とかかわいくないのですよ。

冬に暖かい別珍足袋は他にもコガモ(鴨の首の青緑色ですね)
色だとかローズ色だとかかわいい色がいろいろあって迷う。でも
着物に合わせやすいのは臙脂とか黒とか無難な色に違いない。

荻窪の名曲喫茶ギャラリーミニヨンで11月24日~29日まで
椿さんの個展があります。
[PR]
by tuga369 | 2005-11-23 16:07 | 映画(영화)・ドラマ | Comments(0)

鮭の白子蒸し。

e0029472_23482410.jpg


鮭の白子をさっと蒸したもの。蒸しすぎると食感がぼそぼそに
なるので注意。白子の上に千切り柚子を散らしてみた。
ふつうはぽん酢をかけるのですが、そのままか塩で食べる。
味は淡白だけど、食感がねっとりしているので人によって
かなり好き嫌いがわかれる味だと思う。もろ酒の肴ですが、
お酒は飲めない。

21日バイトの帰りにカルチャーセンターへ行く。バイトが
18時に終わり(食事をする時間がほしい…)紙を選びに
画材屋に寄ったので1時間遅刻。静物を描いたのですが、
どのように描いてよいのかわからず、先生に助けを求める。
静物の大まかな位置関係を下描きしてもらってなんとか
まとまったのですが、先生いつもすみません(だめ生徒つが)
習い事の帰りにお茶でも飲もうと思って駅ビルの中にある
スターバックスを覗いたら20時を過ぎているのに開いている!
営業時間を見たら22時まで開いているそうだ。そんな遅く
までやっているなんて知らなかった。バイトの人大変だな~。

きょう11月22日はテレプシ8巻発売日なり。
[PR]
by tuga369 | 2005-11-22 00:10 | 食物(음식) | Comments(0)

島野菜。

e0029472_102305.jpg


紫苑さんからいただいた母島の野菜。手前からシカクマメ、
島レモン、まくわうり、ズッキーニ。シカクマメは4枚の羽根
のようなひれがついている豆で、色と形がかわいい。
シカクマメはくせのない味でてんぷらに向くそうなのですが、
茹でてねり胡麻と塩、醤油で和えて食べてみた。
島野菜BOXの中には白い珊瑚のかけらと浜辺にうち上げら
れたすりガラスも入っていてつがのシュミを読まれている(笑)
そのへんを歩くといまだにポケットにどんぐりとか花の種とか
入れてしまう習性がある。木の実といえば松ぼっくりは2年
かかって結実するそうだ。松ぼっくりはえらい。

20日にやっとチューリップの球根を植えた。春まで土の中で
冬眠してくりゃれ。
気が早いことにもう春の園芸カタログが届く。うちのせまい花壇に
これ以上一体何を植えろというのか…。しかし原種ばらロサ・
ギガンテアが載ってたりして気持ちが揺らぐ。バニラの香りが
する雲南セッコクもいいなあ…(妄想モード)ここのカタログは
果樹のページが充実していて、その中に糖度30度(!)の
ヌアールドカロンといういちじくが載っていた。糖度30度は未知の
領域だ。どのくらい甘いんだろう。あとカタログの野菜のページに
「歯がない人でも食べられるやわらかいウリ」というキャッチ
コピーがあったのですが、歯がない人ってよく考えるとこわいよ…。
[PR]
by tuga369 | 2005-11-21 00:00 | 食物(음식) | Comments(0)