写真を撮るのがすきな愛のブログです。リンクフリーです☆


by tuga369

<   2006年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

ガラスのコンポート。

e0029472_8283964.jpg


きょうは30日。ということで九月最後は旧朝香宮邸でしめようと思う。
写真は1Fにあったチューリップのアレンジ。チューリップモチーフの
ヒーターカバーの向かい側に飾ってありました。猫脚の花台がいい
感じです。

e0029472_82956.jpg


花器もきれいなのを使っていて(たぶん美術館の収蔵品でしょうね)
見ていてたのしめます。写真はカットが繊細なガラス。横に広がった
盃状でコンポートっぽい。果物やデザート用の器だと思う。上部は
レースっぽくて繊細なのに、脚の部分は四角くて、しっかりした作り
なのがおもしろいです。バカラのガラスかな?他にラリックのガラス
花器などもありました。

e0029472_8475868.jpg


1階の小部屋にあった芍薬(しゃくやく)のアートフラワー。ふわふわと
何枚も重なりあった花弁のやわらかい質感がよく出ている。芍薬は
洋花のゴージャスさを持ちながらも、どこか東洋的な感じがする花。

「王の男」のチケット取れなかった。チケット争奪戦はきびしい。この
あとヤフオクに出てるんだろうな…(-_-;)12月まで待つことにしよう。
何系の映画館で上映されるのかな?予告編のCMがたのしみです。
[PR]
by tuga369 | 2006-09-30 10:17 | 工芸(공예) | Comments(0)

お月見の和菓子。

e0029472_21395967.jpg


毎年買う鶴屋八幡のうさぎじょうよ饅頭(310円)お月見の期間9月27日~
30日までの限定販売。店頭でも売ってますが、数が少ないので予約が
のぞましい。山芋入りの皮に月をイメージさせる黄身あんが入っている。
皮は山芋入りなのでしっとりした感じで、あんは水分すくなめのあっさり
した甘さ。ほくほくした感じもするので、さつまいも餡みたいな感じもする。
うさぎまんを食べる時は、ふたつに割ってから、しっぽのほうから食べる。
(卯年のせいか顔のほうから食べられないので)たい焼きもしっぽのほう
から食べる。

東京国際映画祭「王の男」上映されるんですね~。「日出処の天子」の
廐戸王子似の美人さん、イ・ジュンギが出演している。当日舞台挨拶に
来るそうです(!)しかしチケットはプレオーダー終了。明日9月30日に
チケット一般発売なのですが、取れるかなあ…。あっでもふつうに待って
いれば2006年の12月に公開されるんやよな~。前売り券のおまけは
なんだろう。お正月が近いからカレンダーかな。(SAYURIもそうだった)

tsutayaに「ヴィレッジ」のDVDがあった!(どこにあるのかわからなくて
店員さんに助けを求めた)レンタル屋さんてひさしぶりに行くとどこに何が
あるのか全然わからないね~。てゆうかお店の中の動線がわからない。
DVDやビデオがたくさん並んでいる棚をみると頭の中がすこし混乱する。
[PR]
by tuga369 | 2006-09-29 22:13 | 食物(음식) | Comments(2)

ミニ番組。

「今宵ひと皿」という番組があって、数分で終わる番組なのですが、
毎回「このお皿にどういう料理を合わせるんだろう?」とわくわくしな
がら見ている。たまに変化球というか、かなり個性的なお皿が出て
きて、「これどないすんねんな~」とか思うのですが、バシッと思いも
よらぬ盛りつけでうまくまとめちゃう料理人が登場すると、
おおやるなおぬし!という感じです。短い番組ながら、「うぬう。この
(へんてこりんな)皿にどう立ち向かうのか…」と手に汗握る番組です。
料理を作るひとも、無難にまとめるひと、きれいにまとめるひと、やり
過ぎちゃったひと、はずしちゃってるひと、料理が皿に負けてるなとか
いろいろ。登場する器も様々な形と質感のものが出てきておもしろい。

アニメの「NANA」はいつもハチ(副主人公的な、大崎ナナの影の
ようなキャラクター。その逆もアリ)のさびしげなモノローグではじまる
のですが、いつも「過去形」なのが気になるよ…。原作を読んだことが
ないのですが、きっと物語の途中で「だれかがいなくなる」のだろうね。
新聞か何かに載っていたNANAの解説で「あらかじめ失われた時間を
描いているのがより物語の透明感を増して云々…」というのを読んだ
覚えがある。このアニメを見ていてあれ?と思ったのは、ヒット作なのに
暗いところ。あまり深くは語られないのですが、主人公や脇役のキャラ
の幼年期のトラウマぽい話もたまにちらっと出てくる。

ダリ展のCMやってるのですが、某TV局の協賛で混みそうなので
前売り券を買わなかった。ミュシャ展もTV局の協賛で混んでいた。
美術館なんてあまりひとが混まないだろうと思っても美術番組の
放送後は確実に美術館に人があふれかえるし、TVやCMのつよい
影響力を感じる。
[PR]
by tuga369 | 2006-09-28 00:54 | 食物(음식) | Comments(4)

いちじくとぶどう。

e0029472_23303065.jpg


いちじくと葡萄を撮ったらなんかグロくなった。両方とも起源が旧い
せいか、クラシカルな感じがする果物だ。静物画にもよく出てくる。

フェルベールのミントとさくらんぼのジャムを試食した(試食ばかり
しているな)はじめはさくらんぼにミントってどんな味なんだろうと
思ったのですが、食べてみたらミントが主張しすぎず、逆に果物の
風味を引き立てていておいしかった。ミントとさくらんぼをあわせる
なんて発想がおもしろい。売場のひとに「このジャムあまり見かけ
ないですよね~」というと、フェルベールさんが体調を崩して過去に
一時生産ストップになってしまったこともあるそうだ。作っている人の
コンディションによって生産が左右されるなんて同人作家みたいだ…。

「レディ・イン・ザ・ウォーター」の前売り券をファミリーマートで入手。
(インターネットで買ったチケットをファミマで紙発券した)映画の予告
CMを見た兄のコメント「なんかわけわかんなそうな映画だね」うーん。
たしかに(-_-;)

9月29日からミネラルフェア。10月1日は富岡八幡宮の骨董市。
[PR]
by tuga369 | 2006-09-27 00:36 | 食物(음식) | Comments(6)

朝香宮邸の茶室。

e0029472_20351988.jpg


朝香宮邸を出て庭をふらふらしていたら、茶室を発見。入りたくて
うずうずしたが、月曜日のみ開いているそうです。残念。
庭も日本庭園と西洋庭園があり、両方たのしめる。美術館を出た
あたりに10mを越すような大きな金木犀の木があり、甘い香りを
漂わせていました。それにしてもあんな大きな金木犀ははじめて
見た。何十年も同じ場所に植えてある感じだ。もしそうなら昔から
朝香宮邸を知ってる木だね~。金木犀の木の前は芝生になって
いて、小さな子どもを連れた若い夫婦が芝生の上でピクニックを
していた。(いかにも日曜日という感じだなあ…)庭園美術館は庭
だけなら200円で入れるので、天気のいい日は軽食やお弁当を
持って庭でゆったりするのもいい。

e0029472_2039219.jpg


茶室の竹の桟のついた窓もいい感じだ。竹の枯れた感じがなんとも
いえずいい。緑色のカマキリが茶色になったときの質感にも似ている。

帰りに美術館へ行く途中にある東急ストアのパン屋でキッフェル
(クロワッサンみたいな三日月形のパン)を買って帰ろうと思ったら、
なかった。しばらく行かないうちに生産中止になったのかなと思い、
パン屋のひとに聞いたら、キッフェルがうまく発酵&焼けなかった
らしい。そういうことが年に6回ほどあるそうだ。パン生地も生き物
なので、たまには調子が悪かったり、機嫌がわるい事もあるだろう
とあきらめる。

茶室つながりでキムタエの和ごころのCM(新バージョン)がいい。
しっとりとした情緒のある女優さんだなあ…。
[PR]
by tuga369 | 2006-09-26 00:00 | 工芸(공예) | Comments(2)
e0029472_19251263.jpg


鏡の前に飾られていたアートフラワーのばら。実物をみると花弁のふちに
微妙にぼかしが入っていたりして芸がこまかい(!)深雪スタジオ恐るべし。
ほんとうに香りがしそうです。

e0029472_1920497.jpg


朝香宮邸の階段。階段にもアールデコな模様が。階段を作った人が
凝り性だったんだろうな~。これを見ると旧岩崎庭園を思い出します。
2階に行くとお風呂、トイレ、寝室などの居住スペースがあります。
1階は人を迎えたり会食したりする公的な場だとすると、2階は家族の
プライベートなスペースになっている。2階にお風呂があるってふしぎな
感じだなあ。でも衣食住を考えると、台所がなかったのが謎。あるけど
公開していないのかな。2階から続く階段を昇ると、白黒の市松模様の
大理石の床のサンルーム(温室)があって、モダンな感じでした。植物に
水をやるために金色の真ちゅう製の水道の蛇口がついているのがいい。
2階にも水道があるとベランダ植物に水をやるのに便利なんですよね~。

e0029472_19203865.jpg


1階の魚ヒーターカバー。美術館のひとに聞いたら、各部屋ごとにヒーター
カバーの模様が違うそうです。カバーは基本的に冷暖房器具を隠すのが
目的だけど、こういうデザインだと部屋の装飾品にしか見えないですね~。
はじめ暖炉かと思ったのですが、目隠しと装飾を兼ねていて合理的。
[PR]
by tuga369 | 2006-09-25 00:00 | 工芸(공예) | Comments(0)
e0029472_144641.jpg


旧朝香宮邸のアールデコ展を見てきました。以前から庭園美術館は
いいと聞いていたのですが、お邸全体のアンティークな雰囲気とそこ
かしこに施された、凝った室内装飾がツボに来ました。
1階のロビーからしてもうこの調子(本当はこういう色じゃないのですが、
紫色に色調整してあります)照明はほとんどルネ・ラリックのデザイン
だったような気がする(すみません。美術館の説明文てあまり読まない
のです)2階は書斎や寝室などプライベートな部屋が多いことと、他の
美術館から借りている美術品があるので、写真NGでした。でも1階は
ほとんどの場所が撮れるので、うれしかった。かなり萌え萌えしながら
撮っていたと思います。

e0029472_1471467.jpg


1階の食堂(人を招いて会食をする部屋かな?)の照明。食事をする
場所なので果物モチーフの照明なのですが、パイナップルとざくろの
モチーフのガラス彫刻となっています(すごい!)ラリックの香水瓶に
よく出てくる、すりガラスみたいな質感の照明でした。
それで、そのパイナップルライトの下に飾ってあったアートフラワーが
こちら。照明に合わせてパイナップルとざくろなどの秋の果物の盛り
合わせになっています。深雪スタジオのアートフラワーが室内装飾に
使われていて、お邸の雰囲気にとても合っていた。花は生花が一番
すきなのですが、アートフラワーもいいですね。香りがしないか鼻を
近づけてしまったくらい、リアルに出来ています。

e0029472_032092.jpg


それでは続きはまたあした。
[PR]
by tuga369 | 2006-09-24 00:41 | 工芸(공예) | Comments(6)

星型朝顔。

e0029472_22253099.jpg


朝おきたらこんなのが咲いていた。桔梗咲き朝顔というのですが、
星型朝顔という感じだ。開くとふつうの朝顔になるんだろうか。この
朝顔のタネは植えた覚えがない。九月に入って花も少なくなりもう
朝顔も終りだなと思っていたら、忘れたころに植えたおぼえのない
花が咲いていて、おどろかされる。もう秋なので虫も食べるものが
ないのか葉がボロボロになっているのも、若冲の絵みたいでいい。
若冲の描く植物にはかならず虫喰い葉がある。 

「不信のとき」(ドラマ)が終わった。最後に何か大どんでん返しが
あると思ったらわりとふつうに終わってしまい、少しもの足りなさが
あった。原作はもうすこしブラックな終わり方だったのですが…。
ドラマの中では最後のシーンの江波杏子の息子のお墓の前での
わらいが不気味で、あのシーンだけ大奥を連想してしまいました。
ドラマを見ていて受けたのは、ベビーシッターを辞めて児童擁護
施設で働いている杉田かおる。中村玉緒も私生活とダブってドラマ
や芝居で苦労する役が多いと、ナンシー関が書いていたのですが、
杉田かおるも苦労女優路線で行くのだろうか。

さいきん美術館と庭園に行っていない。骨董は足りているが、ニワと
絵が足りない。紅葉がみたいなあ…。
[PR]
by tuga369 | 2006-09-23 00:14 | 花(꽃) | Comments(0)

和風な色。

e0029472_2024389.jpg


写真は顔彩。日本画ちっくな感じが気に入っている。膠液が入って
いるので、絵の具の表面がつやつやしている。色の名前も紅梅とか
白緑(びゃくろく)、紅(べに)、胡粉(ごふん)など古風な感じでよい。
画材店の絵手紙コーナーにあったので、たぶん絵手紙を描くときに
使うんだろうね。

帰り道で木になっている、小さな柿の色が目にとまった。表面に白い
粉をふいたようなすりガラスのような曇った感じがあり、夕日をうけて、
橙色とも、紅ともいえない微妙な色に発色していた。雑誌の写真で
雪山の中に柿の木が一本だけ立っている、というのをみた。寒冷地
なので柿の実が落ちずに枝に残ってしまったらしい。しんと静まり
かえった白と灰色の中に、柿の朱色が印象的な写真で、日本画の
ような世界だなと思った。

金木犀が咲きはじめたので、風がきんもくせいのにおいだ。果実酒
じゃないけど、金木犀の花と氷砂糖をお酒につけたら香りがうつって
おもしろいだろうなとか考える。エルダーフラワー(西洋ニワトコ)の
シロップがあるので、金木犀シロップなんかも作れそうだ。

そういえばキリ番74100かそれに近いカウンタを踏んだ方いますか?
ご要望により何か描きますよ~とこっそり云ってみる。
[PR]
by tuga369 | 2006-09-22 00:00 | 工芸(공예) | Comments(2)

打木甘栗南瓜。

e0029472_23313771.jpg


スーパーで見つけた野菜。加賀(石川県)の野菜で、打木甘栗かぼちゃ
というそうです。あざやかな橙色と、てっぺんをしばったようなかたちが
おもしろい。大きさは13cm×13cm、重さ600gくらい。おもわず眺めて
いたくなるようなかぼちゃです。
海老いもや加茂なす、伏見とうがらしとか、京野菜については何となく
見たり聞いたりするのですが、加賀野菜については、まったく知らない。
たぶん知らないだけで、各地にこういう固有の野菜があるんだろうね~。

さいきんおどろいたこと。「NANA」に出てくる小松奈々というキャラと同じ
誕生日だった。小松奈々は射手座のB型という設定なのですが、ころころ
考えや行動が変わるところが射手座ぽい(笑)大崎ナナは何型なんだろう。
大崎ナナと小松奈々はおなじ響きの名前を持ちながらも、育った環境も
性格も正反対の別人なんだけど、表裏一体というか、ふたりでひとりという
感じがする。

「レディ・イン・ザウォーター」9月30日から公開のCMを見た。見に行かな!
たしか7月公開だったような気がするのですが、まあいいや。
[PR]
by tuga369 | 2006-09-21 00:51 | 食物(음식) | Comments(6)