写真を撮るのがすきな愛のブログです。リンクフリーです☆


by tuga369
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2008年 06月 ( 66 )   > この月の画像一覧

韓国のパンと水のこと。

e0029472_22483554.jpg


ホテルの近くのパン屋さんで朝食。写真は左から食事パンとチーズの入った
パン、スコーンです。ここのパンは初めて食べましたが、食感がゆるいです。
日本は外側がパリッとして中がソフトとか、食感にメリハリがあるのですが、
ここのパンは外側も内側もふわふわでした。数年前「王の男」の舞台挨拶で、
カン・ソンヨンさんが「日本はパンがおいしくて…」とコメントしていたのが
よくわかりました(笑)それからコーヒーや紅茶の量が、けっこう多いです。

e0029472_22485425.jpg


パン屋さんの名前を忘れてしまったのですが(たしかjoirという単語が入る
お店だったと思います)イートインスペースになぜかロッキングチェアが
あります。母が「ここがいい」といったのですが単にロッキングチェアに
座りたかっただけじゃないのかね…(-_-;)

안녕하세요~と云ってパン屋さんに入ったら、お店のお兄さんが日本語が
上手なひとで、親切にしていただきました。飲物に紅茶を選んだらなぜか
「甘くないけどいいですか?」と聞かれました(韓国では、飲み物は甘い
のがふつうなのかな?)ダージリンを飲んだのですが、韓国は水が硬水な
せいか日本で飲むのと味がまったく違いました(ダージリンの渋みがなく
てひたすら薄い。ティーバッグだからかな?)

韓国緑茶のティーバッグも日本の水で淹れたら味が違っていて、「あれ?
ホテルで韓国のミネラルウォーターで淹れたのと何か違う」と思いました。
たしか「地球の歩き方」(旅行ガイドブック)に韓国の水は硬水と書いて
あったのを思い出し(日本は軟水)エビアン(硬水ミネラルウォーター)で
お茶を淹れたら少しは近い味になりました。
[PR]
by tuga369 | 2008-06-30 00:09 | 韓国旅行(한국여행) | Comments(2)
イルチメ(12回)放映日:2008-06-26

刃物に負傷したヨンイを見たコンガルはすばやく彼の血道に灸の壺を付けて鍼を打つ。
そうするうちに血のついたヨンイのからだをぬぐい取ったコンガルは胸に刻まれた
模様を見て目を丸くする。 暫くして深い眠りを寝て起きたヨンイはフィボンを通じて,
天友会会員の公判大御所がなぜ国に行ってくるという事実に接しては念入りに考えに
浸る。

一方,ビョンシクの手伝いでウンチェに天友会名簿集を持ちに行ったシフはウンチェの
書冊順序が変わっているのを発見していぶかしがる。 引き続きひょっとしてイルチメが
部屋内に入ってきたのか尋ねるシフ,するとウンチェは慌てながら返事ができない。
暫くしてシフはイルチメをつかめなくて,憤慨するビョンシクにイルチメが出没して,
財物を盗んだところは皆天友会会員の家という事実を話す。

夜になって,イルチメは妓生と一緒にいるシワンをこっそりと訪ねて行っていち早く
からだを縛って,井戸に落として以前に自身が当てられたそのまま復讐する。 やがて
逃げるイルチメ,いつのまにかシフが追いかけてきて彼を刃物でねらう。 解放された
シワンはやはり憤慨してイルチメを追いかけて行くが逆に西氷庫(※1ソビンゴ…
日本の氷室・ひむろのような氷を保存しておく場所)の内に閉じ込められる身分に
なる。

日が変わって,偶然にアズカリ派とスクテモリ派の争いの場に挟まったヨンイは体が
痛くて,顔をしかめるのに,この時コンガルが突然登場して優れた武功でヨンイを素早く
防ぐ。 この姿にヨンイは目つきが鋭くなっては直ちにコンガルに自身を弟子として
くれとしながら,丁寧にお願いするが,コンガルはあっという間にヨンイの顔に向かって,
ぞうきんを投げては….

※1西氷庫(ソビンゴ)についてLove Seoul 様より引用しました。

>朝鮮時代のソウルには氷の倉庫が2ヶ所ありました。東氷庫(동빙고)と
>西氷庫(서빙고)といい、今でも竜山区には東氷庫洞(동빙고동)西氷庫洞
>(서빙고동)という地名が残っています。(中略)

>朝鮮時代の西氷庫で保存された氷は官僚などの身分の高い人が自分の家で使い、
>東氷庫で保存された氷は国家で行う祭礼用などの行事で使われました。

ということは、イルチメ12話でシワンが閉じ込められたのは、西氷庫(官僚用の
氷倉庫)だったのですね。韓国も日本と同じように氷室(氷倉庫)があったなんて
おどろきです。夏に涼を求めるのはみんな同じですね(笑)

[PR]
by tuga369 | 2008-06-29 00:29 | イルチメあらすじ・感想 | Comments(0)

イルチメ関連単語。

辞書をぱらぱらめくっていたら、

서자
(ソジャ 庶子 めかけの子)

서원
(ソウォン 書院 (朝鮮王朝時代)貴族の子弟対象の民間教育機関

という単語がありました。イルチメだとシフがピョンシクの庶子という設定。
ヨンイが行っていた学校(塾)は書院(ソウォン)かな?
[PR]
by tuga369 | 2008-06-29 00:14 | イルチメ(일지매) | Comments(0)

成田空港。

e0029472_2364082.jpg


ひこうきのしっぽ。
[PR]
by tuga369 | 2008-06-28 23:12 | 韓国旅行(한국여행) | Comments(0)

ソウルロイヤルホテル。

e0029472_22182587.jpg


今回もホテルはソウルロイヤルにしました(スプリスに歩いて行けるので…)
ベッドの上にある緑色のカードを枕に置くとシーツを替えなくてもいいよ
という表示になります(ちょっとエコロジー)

e0029472_22184929.jpg


部屋の中はこんな感じ(30㎡あるかな?)収納スペースが多いので、意外と
広く感じます。TVでNHK(篤姫)を放送していて、びっくりしました。
宿泊したのが水木だったらイルチメ(SBS)を見たんですが…。
ホテルの部屋から電話すると高いかな?と思いながら、日本へ電話をしたら、
400円くらいと意外と安かったです。

e0029472_2219238.jpg


バスルームはこんな感じ。

e0029472_22194680.jpg


韓国のホテルでは環境への配慮から使い捨てのアメニティがありません。
というわけで、日本から自分のすきな石鹸や入浴剤を持って行きました。
[PR]
by tuga369 | 2008-06-28 22:36 | 韓国旅行(한국여행) | Comments(0)

今回の旅行について。

<成田空港へのアクセス>
前回は空港直通バスを利用したのですが(片道1800円くらい)
今回は電車を利用しました。我孫子駅から成田線の成田駅で降りて、
成田エアポート号に乗り換え成田空港へ(片道1時間程度で820円)
アシアナ航空は第一ターミナルなのに、まちがって第二ターミナルで
降りてしまいました(パボ)テロ対策等の理由もあり、成田空港に
入るときにパスポートを提示します。

<成田免税店>
チェックイン→手荷物検査→出国審査が終わったあとは免税店で買い物。
今回はフライト3時間前に到着したので、免税店をじっくりみることが
できました(時間がもったいないので、海外旅行保険には事前にネット
加入済み)免税店で父にたばこを買う(10箱3千円で売ってるものが、
空港だと2千円)それから今回、母が成田の免税店でシャネルデビュー
しました(笑)シャネル=高いと思っていたら、口紅2900円とか
けっこう安いのです。店員さんが感じのよいひとで、母は軽くメイクして
もらって、韓国へ行きました。

成田空港13時30分発アシアナ航空で韓国へ。今回離陸時にふつうの
クラシックが流れてました(前回流れていた「G線上のアリア」は暗過
ぎて廃止になったのかも)機内で入国カードなどを書く。

<入国審査>
入国審査で怖い顔の審査官に当たってしまって、うわ~と思いながらも、
アンニョンハシmニカと笑顔でいったらにこっとしてくれて、怖い人じゃ
なかったです(笑)

<16時 仁川空港着>
外換銀行で両替。銀行の場所がわからず、案内所に並んでいたら話す前に
「日本の方ですか?」とお兄さんに云われる(顔や服装でわかるんですね)
外換銀行(ウェファンウネン)は入国出口Bと入国出口Eの近くにあります。
両替所でクーポンとパスポートを出して、ファンジョンヘジュセヨ(両替
してください)と云ったら、入国時(6/15)のレートは100円=940
ウォンでした。今回は3万円両替したので、約28万ウォンになりました。
(以前きた時よりもレートがよかったので帰国時に再両替せずに次回の
旅行のためにウォンをとっておけばよかったなと後悔)

<空港バス停>
空港から明洞行きの605-1バス(12番乗り場から出てます)が片道
₩9000になってました(昨年は₩8000)空港のチケット売り場で
チケットを買うのがめんどうなので、現金で払いました。(※トランクは
バスの下に入れてくれますが、トランク以外の荷物は車内持ち込みになり
ます)

e0029472_10452371.jpg

시간표(シガンピョ 時間表。1時間に2~3本バスがあります)

仁川空港から明洞へは1時間くらい。夕方だったので、社内のTVに例の
輸入牛肉デモのニュースが延々と流れていて、ものすごく不安になる(-_-;)
実際は特にデモの影響はありませんでした。
ソウルロイヤルホテルは乙支路入口(ウルジロイック)で降りればいいのに、
明洞駅まで行ってしまって、激しく後悔(明洞駅で降りると繁華街を歩いて
ホテルに行くことになり、夕方は特に歩きづらいです)バスのアナウンスは
韓国語、英語、日本語の順にアナウンスされます。

<言葉のこと>
今回も挨拶程度の韓国語しか話してないのにハングンマルチャラシネヨ
(韓国語お上手ですね)と云われました。わたしはこれをハングンマル
チャラシネヨ攻撃と呼んでいます(笑)
ホテルの中ではほぼ100%日本語が通じるので、日本語で話しました。
ホテル以外では韓国語を使いましたが、さすがに旅行3日目は疲れてきて、
日本語を使うこともありました。

今回使った韓国語(※mの部分は唇を閉じてください。無理ならムで発音)

<あいさつ>

アンニョンハセヨ(おはようございます こんにちは こんばんは) 

カmサハmニダ(ありがとうございます)

コマウォヨ(ありがとう)

テダニカmサハmニダ(大変ありがとうございます)

ネー/アニョ(はい/いいえ)


<買い物の時に使った言葉>

~オディエヨ?(~どこですか?~の部分に김(キm 海苔)
とか잡곡(チャpコク雑穀)とか ほしいものの名前を入れる)

イゴスン ムォエヨ?(これは何ですか?)

オルマエヨ?(いくらですか?)

イゴジュセヨ(これをください)

~ジュセヨ(~ください)

タックスプリー ブタッカmニダ(TAXFREEお願いします)

カビョウォヨ(バッグなどを持って、軽いです)

ムゴウォヨ(重いです)

ファジャンシリオディエヨ?(トイレはどこですか?)

スゴハセヨ(お店を出る時にいう言葉)


<自己紹介・感想を云う>

チョウmペッケスmニダ(はじめまして)

チョヌン~ラゴイmニダ(わたしは~と申します。~の部分に名前を入れる)

チャル ブタッカmニダ(よろしくお願いします)

イルボネソ ワッソヨ(日本から来ました)

マシッソッソヨ(おいしかったです)

チェミイッソッソヨ(おもしろかったです)

イエッポヨ(きれいです)

カmドンヘッソヨ(感動しました)

ミアネヨ(ごめんなさい)

コンハンエカヨ(空港に行きます)


今回話していて、自分は韓国語の語彙が少ないなと実感しました。もっと
単語数を増やさなくては…。明洞はかなり日本語が通じますが、韓国語を
読めたり、話すと旅行がさらにたのしくなると思います。帰りにバスの
運転手さんに荷物を渡すとき、プタッカmニダ(お願いします)と云って
渡したら、にこっとしてくれました。

ホテルから空港へ行く無料バスが出ていますが(前日までに予約する)、
時間が合わなかったので、ホテル近くの外換銀行(ウェファンウネン)の
前から出ている空港行きバス(片道₩9000)を利用して、フライト
3時間前に空港に到着しました(3時間前だとチェックインカウンターも
そんなに混んでいないし、VATを還付してもらったり、免税店をみたり
する余裕ができます)
[PR]
by tuga369 | 2008-06-28 10:31 | 韓国旅行(한국여행) | Comments(2)
‘일지매’ 질투심과 상사병까지 더해진 사각 러브라인에 흠뻑
‘イルチメ’嫉妬心と恋煩いまでより増した四角ラブラインにぞっこん

‘일지매’ 이준기-박시후, 엇갈린 운명 “안타까워”
‘イルチメ’イ・ジュンギ-パク・シフ,交錯した運命“哀れで”

<記事から一部抜粋>
イルチメに剣術が必ず必要だということを感じたヨンイ. 偶然にコンガルアジェの
優れた武術実力を見たヨンイは自身を弟子にしてくれとせがんだ。

ヨンイが(キョミ・イルチメ)であることをコンガルアジェは深い苦悶に陥った。
それもそのはずコンガルアジェは人造の以前護衛武士中1人でイ・ウォンホが
人造に死にいたる当時一緒にいたため。 兼これを殺さなければならなかったが
罪悪感に殺すことができなくて全てのものを捨てた後突然に消えたことがある。

‘私が作った悪業の報い,私がおさめよう’という考えにコンガラジェはヨンイに
武術を教えることを決心した。 彼はヨンイに剣術を教えて“殺生のための剣術は
絶対ならない。 以前に私は人間白丁(賎民)だった。 私が信じる大義のため
ならば,人殺すことぐらい何でもないと考えた。 それで女性も,老人も,子供までも
容赦なく切った”と打ち明けた。

ヨンイは“アジェが抱いた大義は何だったのか”と質問するとコンガルアジェは
“人殺す奴に大義などがどこにあるのか。 人殺す瞬間、大義も狂乱もない。
お前も奴と同じになるということ”としながら防御のための剣術を続けざまに
強調した。

反対にシフはコンガルアジェとともに人造の護衛武士を過ごしたし,いまだに
人造のそばを守っているサチョンの弟子になって,武術練習に熱中した。

サチョンやはりコンガルアェがヨンイにしたように自身の内心をシフにこっそり
露呈した。 サチョンは“他の人々は私を殺人鬼と呼んだ。 しかし私は構わない。
私の前途を防ぐ者は誰でも切った。 私の大義のためにならば…”としながら
攻撃の重要性を力説した。

“師父様が信じる大義は何ですか”と問うシフにサチョンは“その方(人造王)が
すなわち私が信じる大義だ”と答えた。
[PR]
by tuga369 | 2008-06-27 21:03 | イルチメ(일지매) | Comments(0)
‘일지매’ 이준기 “제작진 노고에 감사”
전스탭 선물돌려 훈훈~


イルチメ’イ・ジュンギ“製作陣労苦に感謝”全スタッフ贈り物を返して,
ぽかぽか~ [ニュースエン]

[ニュースエン パク・セヨン記者]

俳優イ・ジュンギが'イルチメ'全スタッフらに感謝の贈り物をまわして,
話題を集めている。

SBS 'イルチメ'のタイトルロール イ・ジュンギは野外撮影で苦労する
スタッフらのための感謝の贈り物にサンクリームとマスクセットを
贈物に回して温かい雰囲気をかもし出した。

イ・ジュンギは"夜通し撮影と野外撮影で後から黙黙と苦労する製作陣らの
努力に感謝する"として"製作陣らに激励の意味でサンクリームとマスク
パックをプレゼントすることになった"と伝えた。

イ・ジュンギびっくり贈り物を協賛したボブ側は"ボブ ブランド モデルに
抜擢されたイ・ジュンギが現在'イルチメ'で熱演を広げながら,製品のブランド
バリューもさらに上がっていることに対する感謝の気持ちで'イルチメ'チームに
贈り物をまわすことになった"と協賛理由を明らかにした。

一方イ・ジュンギは今回のモデル料全額を慈善団体に寄付する善行を行って
義賊イルチメとしての姿を正確に見せている。

最近カラーブランド(チュ)ポブ(代表理事ソ・トグォン)の男性ライン モデルに
抜擢されたイ・ジュンギは今後1年間ハ・ジウォンと共にブランド代表モデルに
出て,今秋から本格的な活動をする。

カン口座らの間に男性的なカリスマと繊細さが絶妙に成り立った俳優と認められて
いるイ・ジュンギは筋肉で鍛えられた体つきとカリスマあふれる目つき,鋭い鼻筋
など秀麗な容貌はもちろん,コミックと真摯を行き来して視線を離すことはできない
熱演で女性視聴者らの関心を一体に受けている。

きれいで神秘な魅力に加えて鋭利な感じを与えるイ・ジュンギの容貌は'イルチメ'
とよく合致するという評と共に男性のビューティーアイコンでも適格という評価を
得ている。

ボブ側は"イ・ジュンギは優れた演技力はもちろん新鮮で神秘な雰囲気にすっきり
していて繊細な容貌を一緒に持っている俳優"と絶賛した。

一方'イルチメ'はイルチメに変身したイ・ジュンギの活動が本格化しながら,24.6%
(TNS全国基準)を渡して水木ドラマ1位席を強硬に守っている。
[PR]
by tuga369 | 2008-06-27 20:28 | イ・ジュンギ(이준기) | Comments(0)
일지매 VS 시후 맞대결, 은채와 삼각관계까지 전개?
イルチメVSシフ正面対決,ウンチェと三角関係まで展開?

記事入力2008-06-26 23:06

[アジア経済新聞コ・ジェワン記者]

'イルチメ'が本格的なスーパーヒーローとしての容貌を誇示する予定だ。
SBS水木ドラマ'イルチメ'(脚本チェ・ラン・演出イ・ヨンソク)の26日
放送分ではイルチメ,ヨンイがコンガルアジェに武術を習う姿が放映された。

その間イルチメはお父さんセドルが(イ・ムンシク)に習った盗みを土台に
活動してきた。 だから本格的なスーパーヒーローというよりは足早い盗賊に
近い姿. だがコンガルアジェに武術を謝辞受けた後には一般人だと見るのは
難しい武芸と義侠心で超人的姿をお目見えする。

その上イルチメのライバルシフ(パク・シフ)やはりサチョン(キム・レハ)に
"イルチメを捕らえたい"として武芸を習い始めて劇的緊張感を加えた。

また時候はイルチメをかばって回るウンチェ(ハン・ヒョジュ)を嫉妬するような
場面が登場してポンスン(イ・ヨンア)はイルチメ,ヨンイを置いて、恋煩いまで
かかってこれから展開するメローラインを予感させた。

韓国型スーパーヒーローを標ぼうした'イルチメ'がどんな風変わりな姿で視聴者
たちに近付くのか期待が集められている。


이준기 "일지매 변신, 러브라인 기대해 주세요"
イ・ジュンギ ”イルチメ変身、ラブライン 期待してください”
[PR]
by tuga369 | 2008-06-27 02:00 | イルチメ(일지매) | Comments(0)

イルチメ12話メモ。

12話は武術練習メインということで、きょうは長いかなあ…と思っていたら、
かっこいいじゃないですか!やはりアクションシーンはいいですね~。
ドラマのあとに、ハン・ヒョジュが「先輩~」という韓国版マキシム
(コーヒー)のCMみました(笑)




12回はコンガルアジェとフィボンが話しているシーンから開始。

ヨンイを看病するポンスン(いい奥さん風)ヨンイに食物を
食べろというが、アンモゴ(食べない)というヨンイ。
ここのシーンで「ソッピ」という単語が聞こえる(ソッピは何?)

(たしかフィボンとの会話)「オルマナ コルリナ」とヨンイ。
「なぜ?」と聞かれると 「いや…」と口ごもるヨンイ。


部下に熱心に自説を説いているピョンシク、反応がいまいちで、
興奮して部下に「アンミド(信じないのか?)」というピョンシク。

だれかを心配してるウンチェ。
シフが入ってきて「腕は…」と気にすると「(そのことは)もういい」
というシフ。
「もしかしてこの部屋に盗賊が入ったのか?」とウンチェをいぶかしむシフ。
「名簿をみせろ」「オソ(速く!)」とシフに云われ、うろたえるウンチェ。
シフは名簿をぱらぱらとめくり、ウンチェに返すとそのまま部屋を去っていく。

義禁府の広場で「今度こそイルチメを捕まえるぞ」という感じの集会。

いつものように屋敷に忍び込むため、黒装束に身を包むイルチメ。しかし
シフに斬られた右わき腹がまだ痛む。

門の蔭に待機し「なんでおれたちまでこんなことをしなきゃいけないんだ」
という感じのシワン。そこへ芸者がやってきてシワンは芸者(馴染みの芸者?)
と話す。

天友会メンバーの屋敷に忍び込み、刀の紋章を調べるイルチメ。

仕事をよそに、芸者と戯れるシワン(かわいい)「ちょっと待って」と
シワンを焦らす芸者。シワンは芸者を待っている隙にイルチメに縛られ、
井戸に吊るされてしまう。「助けてくれ」とシワン。それをみた芸者が
悲鳴を上げ、異変に気づいたシフたちが現場へ駆けつける。


逃亡するイルチメ。羅将たちに見つかり塀を飛び越える。それを追うシフ。
シフがイルチメを袋小路になっている場所へ追いつめるが、イルチメは
その場から姿を消してしまう(ちょっとマジック入ってましたね)

シフがイルチメを見失ったあと、納屋(?)から女の泣き声が。納屋を
みると貴族の女性が縛られており、女性が乗るはずだった駕籠(かご)に
乗ってイルチメは逃亡した模様。

イルチメが駕籠の中でせきをすると、従者の男が「大丈夫ですか奥様」と
声をかける。声を出すと別人だとばれてしまうので、駕籠の中から貴族の
女性のように優雅に手をふり、「大事ない(何でもない)」という様子を
見せるイルチメ(ちょっとコンギル入ってた気が…)

シワンが追いかけてきて駕籠の中を調べると、中にはだれもおらず、
血のついた服のみが残っていた。どうやらイルチメは駕籠の下にある
抜け穴から脱出したらしい。

シワンと羅将たちが氷室(ひむろ)へつながる地下道を歩いていると、
いきなり背後で扉が閉まってしまう。あわてて氷室にあった俵を重ねて
上層へ脱出を試みるが、イルチメが出入り口に石を置き、シワン達は
氷室に閉じ込められてしまう。

シフがウンチェの部屋に入ってくる(シフの「ナッタナッタ」という
セリフの意味がわかりません)シフが「(イルチメについて)まだ
知っていることがあるんじゃないか?」という感じにウンチェを責める。

傷の経過がよくないのか、横になりだるそうなヨンイ。その横で急に
発熱したヨンイを心配するセドル。

街に出ると羅将たちがうろついている。街ではアズカリ派が乱闘しており、
疑いをさけるため、それに参加するヨンイ。それを見たコンガルアジェが
傷の癒えていないヨンイのかわりに乱闘に加勢する。

そこへ来た役人が「やめないか!」と乱闘を止める。傷を負っているため
不自然な様子のヨンイに目を向けるシフ。それに気づいたコンガルアジェが
注意を自分にひきつける。シフはその場にいるアズカリ派メンバーにひとり
づつ体をみせろという(傷を調べるため?)そこへシワンが来て親しげに
ネサラmといってヨンイを連れていく。(ネサラmの意味がわかりません)
それを訝しげに見ているシフ。

シワンが自分の屋敷にヨンイを連れてきて、ヨンイはウンチェを見かけて
「お嬢様、どちらへ行かれますか?」と陽気に話しかけるが、ウンチェは
ヨンイを無視する。

ウンチェの冷たい態度をよそに「ヨンア行こう」と云ってシワンがヨンイを
屋敷の中へつれていく(仲良しですね)


秘密のアジトで自ら傷の手当てをするヨンイ。そこで昼間のコンガル
アジェの雄姿を思い出し、かれに弟子入りすることを思いつく。

ヨンイがアジェに「パンチャクパンチャク(きらきら)」というセリフが
聞こえました。アジェがきらきら輝いて見えたみたいな感じでしょうか?

酒を飲むアジェにご飯をたべさせるヨンイ。武術を教えてくださいという。
それを離れた場所からぼ~っとみているポンスン。(ヨンイが気になって)
ご飯が食べられないという感じのポンスン。

槍の武術練習をするシフ。それを同僚のカムドサが見ている。
ピョンシクが「あれはなんだ?」と聞くとカムドサが「あれはイルチメを
捕まえるために武術練習しているのです」みたいなことを云う。

サチョンに「武術を教えて下さい」というシフ。サチョンの横にはムイも
いる。サチョンが教えてくれるまで雨の中、待っているシフ。

「父さんどこに行くの?」とポンスン。

雨の中、微動だにせず中庭に座ってひたすらサチョンを待つシフ。

武術修行の理由をサリョンに問われ、「わたしが人間らしく生きて
いくために…」と理由を話すシフ。

雨の中、泥だらけになりながらアジェの左足をつかみ、武術を教えてくれる
よう懇願するヨンイ。

翌日、アジェに弟子入りすることがきまり、街を離れる前に八百屋の女の子に
お父さんの安否をたずね、リボンを結んであげる。女の子に「かわいいウリ
ヤンスニ」といい、武術修行のため島へ旅立ってゆくヨンイ。女の子に
「アラッテ~」と云うセリフがかわいかったです。

実家の庭に来るヨンイ(めずらしく昼間)梅の木を前に「父上…」と
何かを決意しているような表情。それをポンスンが塀からみている。

「これを見ろ」と革靴屋の息子に手紙を見せ、話すセドル。
ヨンイがコンガルアジェに弟子入りしたことを話していたようです。

海で修業するコンガルアジェとヨンイ。

右腹の傷に海水がしみているようなヨンイ。海の中で重りを運ぶ修業。
さらに重りを持ったまま海岸を歩かされる。

何日も浜辺を歩かせる修行が続く。「詐欺だ」と不満を訴えるヨンイ。

ピョンシクと殿下が話しているシーン。

竹林で貴族が集まってイ・ウォンホの息子が生きているという話。
貴族たちは天友会のメンバーでしょうか?

妓生を呼んで戯れているアジェ。その横で修業するヨンイ。
妓生と話しているシーンでトニオプチャナ(お金がない)という
アジェのセリフが聞こえました。ヨンイが食事(鶏肉)を食べて
いると、アジェがイルチメの話題をふってくる。
アジェが「イルチメの目的は何だろう?」というと、「奴は盗賊
だから…(美術品や宝物を盗むのが目的でしょう)」とごまかすヨンイ。

ヨンイが床を拭いているとアジェがわざとスイカの種(?)を
まき散らして行く。ヨンイが怒るとアジェはかれの顔に雑巾を
投げつける。

ヨンイはかまどの番をさせられる。やはりここでも顔に雑巾を
投げられるが、よけられない(反射神経を鍛える訓練ですね)

サチョンと殿下のシーン。


島(浜辺)に(会いたかったよ~という感じで)「ヨ~ン!」と
ポンスンが駆けつける。

アジェが「ポンスナ~」と駆け寄るが、ポンスンはアジェには
目もくれず、ヨンイのもとへ。ポンスンはヨンイにお弁当を
持ってきてヨンイに食べさせるが、コンガルはふたりの様子を
面白くない顔でみている。

ヨンイに「これを食べて元気を出して」とかポンスンが云って
いると、コンガルはヨンイの顔に雑巾を投げ付ける。さらに
それをポンスンの顔に投げるヨンイ。

ヨンイは相変わらず重い薪を運んだり、掃除したりの毎日。

夜の浜辺でヨンイに「わたしが(武術を)教えようか?」と云う
ポンスン。(なんでお前なんかに?)「結構だ」と云うヨンイ。

ヨンイの思惑とは逆に、かれの攻撃を身軽によけてゆくポンスン。
(やはりアジェの娘ですね)武術練習に疲れて寝そべるヨンイと
ポンスン。

ポンスンが「ヨンア」と話しかけると「何だ?」とヨンイ。

ポンスンが「つらくない?」と聞くとヨンイが「何が?」という。
ふたりの様子を影からみているアジェ。それぞれの思いを胸に、
川の字になって眠る三人。(BGM:縁 イニョン)

翌日コンガルアジェから帰れといわれ、無理やり街に帰されるポンスン。

いつのまにかアジェが投げる雑巾をよけられるようになったヨンイ。

海辺に座り遠くを見つめるアジェ。


コンガルアジェとヨンイの武術練習で木刀訓練が始まる。

シーンが変わってシフは真剣で練習。

街中でイルチメが女といううわさ。

セドルとタニの食事シーン(ヨンイを心配している?)

浜辺での木刀武術練習シーン。かっこいい。コンガルアジェはヨンイを
木刀で容赦なく打ってゆくが、少しは返せるようになる。

ヨンイが「明日から真剣で練習しよう」というが、アジェはだめだという。
アジェのセリフで「女性と老人と子供…」というセリフが聞こえました。
いままで女性や老人、子供も斬ってきたといってたんでしょうか?
ヨンイが問うが(なぜ武士をやめたのかとか?)「さあ」とはぐらかすアジェ。

あいかわらずヨンイを鍛えまくるアジェ。片手だけで相手をしている。

雨の降る軒下で、ポンスンのシーン。テシクが食物をさしだすが、ヨンイが
いなくて元気がないせいか「食べない」と云う。

コンガルアジェが妓生と遊ぶ横で、武術練習に励むイルチメ。

イルチメのことを思って部屋の窓を見上げるウンチェのシーン。

季節はいつの間にか冬になっている。セドルは竹箒をみて以前、学校に
行かない息子ヨンイを箒でぶったり、追いかけまわしたことを思い出す。

春になり、宮殿の庭で美しく咲くばら(牡丹か?)を握りつぶすインジョ王。

修行のせいか目つきが変わっているヨンイ。修行によりコンガルアジェに
追いつくまでに成長する。ヨンイとシフの師匠がコンガルアジェとサチョン
なのでヨンイとシフの戦い=コンガルとサチョンの戦いでもある気がします。



全20回放送の「イルチメ」もあと8回を残すのみとなりましたね~。
ケヌクシは全16回だったので、まだまだ先が長いです。

[PR]
by tuga369 | 2008-06-26 23:09 | イルチメあらすじ・感想 | Comments(0)