写真を撮るのがすきな愛のブログです。リンクフリーです☆


by tuga369

<   2011年 05月 ( 30 )   > この月の画像一覧

仁寺洞の茶イヤギ。

e0029472_19501781.jpg


新沙洞へ行く前に仁寺洞のサムジキル手前の路地を入ったところにある
茶イヤギというお店でささっとお昼ごはん。お店の内装は伝統的な感じ
でいいのですが、節電なのか店内が暗いのが気になります(-_-;)

e0029472_19503447.jpg


料理は緑茶竹筒ご飯の包み野菜定食12,000ウォン(約900円)に
しました。野菜でお肉やご飯を包んで食べます。野菜がとても新鮮♪

e0029472_19504714.jpg


お肉は冷凍でいまいちでした。ナッツの入った自家製の調味料(味噌)が
おいしかったです。「肉は要らない。味噌とご飯と野菜だけでいい…」と
思いました。

e0029472_19505723.jpg


野菜の種類が多くて、これは何の葉っぱだろう?ほんとうは野菜が鬼のように
出てくる元祖サムパプチプというお店へ行きたかったのですが、2人前からの
注文で、ひとりでは無理なのであきらめました。

e0029472_1951716.jpg


韓国式おかず攻撃(笑)メイン料理にいろいろついてきます。セリのナムル
みたいのが異様においしかったです(調味料と香りの強い野菜の風味がよく
合ってる)はーちさんの日記にも書いてありましたが、今回の旅行で韓国の
野菜料理のおいしさに気づきました。エリンギと厚揚げのおかずも家庭料理
ぽくてなごむ味。

e0029472_19511565.jpg


竹炭入りの竹筒ご飯。竹炭を取って混ぜて食べます(なつめや銀杏入りで
ちょっと薬膳ぽい感じ)最後はお湯を注いで、お茶のようにして食べます。
[PR]
by tuga369 | 2011-05-31 00:00 | 韓国旅行(한국여행) | Comments(4)

仁寺洞のオーソルロク。

e0029472_21464321.jpg


1号線の鐘路3街駅で降りて(ホテルに五味子を置きに行ったと思います)
仁寺洞のオーソルロク(緑茶カフェ)で休憩(今回休憩ばかりです)月曜日の
11時ごろでほとんどだれもいなくてがらがらでした。メニューに目当ての
緑茶パッピンス(かき氷)があったのですが「今ちょっとやってないんですよ」
みたいな感じで注文できず残念。店員さんに「ケイクルル チョム ポヨ 
ジュセヨ(ケーキを見せて下さい)」といってショーケースからジャスミン
風味のチョコムースを選ぶ。ケーキはふつうでしたがやはりここの韓国緑茶は
おいしいです。緑茶とケーキで13,000ウォン(約1,000円)でした。

e0029472_2152733.jpg


カメラも休憩中。今回、ふつうのデジカメ(コンパクトデジタルカメラ)と
デジタル一眼レフを持って行ったので少し重かったです(-_-;)

e0029472_21535489.jpg


オーソルロクの3階がいい感じでした。3階に店員さんがいなかったので、
2階で飲むことにしました。

e0029472_2154815.jpg


椅子やテーブル、照明が2階と違います。

e0029472_21541946.jpg


1階が売店で2階はふつうのテーブル席。3階の椅子やインテリアが
すてきでした。

e0029472_21542886.jpg


店内にオーソルロクの茶園がある済州島(チェジュド)から持ってきた
オブジェなどが置かれています。
[PR]
by tuga369 | 2011-05-30 00:00 | 韓国旅行(한국여행) | Comments(2)

ディープな京東市場。

e0029472_19455987.jpg


23日(月)ソウルの朝は遅い。お店もデパートも10時~11時くらいに
ならないと開かないので、朝の時間を有効活用する為に9時から開いている
京東市場(キョンドンシジャン)へ。ディープだけど、おもしろかったです。

京東市場は韓方薬などを売っている市場で1号線の祭基洞(チェギドン)駅
2番出口を出てそのまま直進すると、左側に市場の入口があります。

e0029472_19515953.jpg


京東市場の入口。入口から、韓方薬の匂いがむんむん漂ってきてすごい(笑)
歩いているだけでデトックスしそうな感じです。当日は曇りで天気がいまいち
だったのですが、韓方薬店が並ぶ通りで鹿の角、高麗人参、猿の腰掛のような
キノコ、オムナムと呼ばれるトゲトゲがついた木、乾燥ムカデなどの韓方薬を
見ました。ふだんほとんど市場に行かないのですがはーちさんの日記にショク
ハツされて行ってみました。

e0029472_2041014.jpg


会社員とおぼしきひとがアジュンマ(おばさん)から野菜を買っています。

e0029472_2022449.jpg


韓国産 菊花 と書いてあります。ハーブっぽいものも売っています。

e0029472_2023763.jpg


韓国産 無添加 霊芝と書いてあるようです。

e0029472_209919.jpg


韓方薬の通りを抜けると野菜市場があります。野菜売場に来たらなんだか
ほっとしました。

e0029472_20103268.jpg


唐辛子。日本の野菜よりも韓国の野菜は色が濃く鮮やかな気がしました。

e0029472_20105443.jpg


なんという葉野菜かわからないのですが、葉っぱが山盛りで売ってました。
葉っぱたくさん食べるんですね~。

e0029472_20161115.jpg


果物の通りはこんな感じ。

e0029472_2011405.jpg


果物屋さんの通りで売っていたトマト。韓国でトマトは果物扱いのようです。

e0029472_20122482.jpg


キラキラミニトマト。

e0029472_20131898.jpg


ハウス物の西瓜とチャメ(まくわうり)チャメは薄甘い風味のメロンの一種。
西瓜1個8,000ウォン(約600円)て安いなあ。近所なら買って帰る
ところです。

e0029472_20141581.jpg


もやしてんこ盛り。

e0029472_20144952.jpg


韓国産のくるみ。12,000ウォン(約900円)キロ単位での
販売なのか単位がよくわかりません。

e0029472_2015828.jpg


これは…たけのこかな?

e0029472_2015296.jpg


迫力の鶏肉(!)韓国産生鶏4,000ウォン(約300円)安い!
1キロ当たり300円なのか1羽単位なのかわかりませんが、これが
サムゲタンやタッカンマリになったりするのかなあ…?

e0029472_2016449.jpg


「国産えごまの葉あります」と書いてあります。写真を撮っていたら、
市場のアジョッシ(おじさん)に「アガシ(女の子)がえごまの写真を
撮ってるよアハハ」と笑われてしまいました(笑)

片言の日本語を話すアジョッシから五味子(オミジャ)を買いました。
量り売りの場合、ビニールが薄くて頼りないので、ジプロックなどを
持参してホテルで詰め替えたほうが良いなと思いました。
五味子が300g15,000ウォン(約1,200円)で一応カッカ
ジュセヨ(まけて下さい)と云ったらモッカッカヨ(まけられません)と
云われましたが(-_-;)おいしい干し柿を1個おまけでつけてくれました。
アジョッシがくれた干し柿を食べながら次の場所へカジャ!(行こう)
[PR]
by tuga369 | 2011-05-29 00:00 | 韓国旅行(한국여행) | Comments(2)

鐘路と明洞。

e0029472_23185694.jpg


清渓川を見た後、そろそろ夕食を食べようと思い、栄養センター鐘路店を
探してる時に鐘路の飲み屋さん街に紛れ込んでしまいました。ほとんどの
お店が通りに面してオープンエアになっていて、開放的な感じです。残念
ながら目当てのお店はありませんでしたが、観光客ではない地元のひとが
ふつうに食事をしたり、飲んでいるのを見られてよかったです。

e0029472_2319456.jpg


両替をするために明洞へ(写真はたぶん明洞でみかけた薬局です。新コア
薬局と書いてある)薬局の看板がかわいい。

e0029472_2321539.jpg


栄養(ヨンヤン)センター明洞店へ行ったらすぐ隣に両替のお店があって、
両替してから食事をしました。ちなみに5月22日の金浦空港両替レートは
1万円=12万6千ウォンで明洞の両替レートは13万2千ウォンでした。
今回レートがあまりよくないので、旅行後半はカードばかり使ってました。

19時ごろ明洞の栄養(ヨンヤン)センターで食事。ひとりでチキン一羽は
食べられないのでお店のひとに「パンマリ ハルスイッソヨ?」(半羽で
注文できますか?)と聞いたら、メニューにローストチキン定食(トンタッ
ジョンシク)8千5百ウォン(約7百円)があり、それを注文しました。
(なんか機内食とか給食っぽいフンイキ)14時までのランチメニューと
いうのを知らず注文したら(平日は16時まで)お店の奥さんが「ほんとうは
だめなんですがサービスします」といってお店の奥でこっそり食べました(笑)
お店の奥さんありがとうございます!

e0029472_23222870.jpg


デザートはレッドマンゴー明洞店へ。ミリオレへ行く通りにあるビルの3階
にあります(日本語メニューあり)ヨーグルトの上にトッピングを4種類
選んで7600ウォン(約600円)でした。ソウルのヨーグルトアイスを
はじめて食べましたが、日本の物よりも甘さひかえめであっさりしてました。
そしてSサイズなのに量が多い!確実に日本の1.5倍くらいあります(笑)
トッピングは苺、西瓜、パイン、胡桃にしました。

e0029472_23223816.jpg


日曜日の20時ごろのレッドマンゴー明洞店。ビルの3階にあるせいか、
空いていて落ち着く…。ヨーグルトの他にチョコレートメニューもあり。
外の看板はレッドマンゴーなのに中へ入るとカカオグリーンという看板で
一瞬、違う階に来てしまったかとあせりました。でもみんな細かいことは
あまり気にしてないようでした(笑)

e0029472_23225096.jpg


明洞の屋台。夜になると通りにたくさん出てます☆

e0029472_2323092.jpg


帰りの地下鉄の駅でどこかでみたことがある人を見かけました。ホテルに
帰ったのはたしか22時ごろで、旅行初日は無事終了。おやすみなさい~。
[PR]
by tuga369 | 2011-05-28 00:41 | 韓国旅行(한국여행) | Comments(2)

五月の清渓川。

e0029472_22524387.jpg


仁寺洞へ行った後、ホテル近くの清渓川(ドロスホテルを出て左へ行き、
角を左へ歩くと清渓川へ行けます)へ。
前回、川へ行った時は冬だったので、草木がふさふさしているのを見る
のは新鮮な感じです。去年の冬、川沿いを「寒い、寒い」といいながら
みんなで歩いていたのが嘘のようです(笑)
韓国は日本より日が沈む時間が遅くて、18時頃なのにまだ明るいのが
ふしぎでした。

e0029472_2247397.jpg


e0029472_22522337.jpg


日本で見たことがない木の花が咲いてました(何ていう花だろう?)

e0029472_22533470.jpg


川沿いにも白い花が咲いていて、つつじかな?と思って近づいてみると…。

e0029472_2253088.jpg


白い野ばらで、なんてすてきなんだろう!と思いました。日本の野ばら
よりもちょっと大きめの花でした。

e0029472_2253124.jpg


e0029472_22534520.jpg


川の壁面にオークモス(苔)を張ってあり、小さな花を植えてありました。
[PR]
by tuga369 | 2011-05-27 00:00 | 韓国旅行(한국여행) | Comments(11)

羽田、鐘路、仁寺洞。

e0029472_21234094.jpg


5月22日(日)7時ごろ羽田空港国際線ビルへ行くモノレールの窓から
見えた風景。ちょっと眠かったけれど、晴れていてよかった。

e0029472_21241825.jpg


e0029472_2130187.jpg


機内食(ベジミール乳製品なし)はひよこ豆のトマト煮とサフランライス
でした。前回は行きも帰りも冷たいフルーツミールだったのであつあつの
食事がうれしかったです。隣りの方のミール(普通食)にメロンが入って
いて、ちょっとうらやましかった(笑)

e0029472_213128.jpg


14時ごろソウル着。鐘路タワーひさしぶりだなあ!
今回のホテルは鐘路3街駅近くのドロスホテル。地下鉄5号線から1号線へ
行く地下道が長くて「二度と通らないぞ!」と心に誓う。5号線の4番出口
(エスカレーター×2)からタプコル公園横の道(スピョダリキル)を通って
行く方法にあとで気づきました。

e0029472_21311555.jpg


ホテルにチェックインして荷物を置いたあと、ホテル近くの仁寺洞へ行き
ました(日曜日なので混んでる~!)はーちさんの日記で見たサムジキル
にある手作りの石鹸屋さん手手軒(ススホン)へ。しかしお店に着く前に
お兄さんが鍵を閉めてどこかへ行ってしまい(サムジキルのお店は1人で
店番してることが多いので、よくあること)今日は入れないのか…(-_-;)
と思っていたらすぐ戻ってきて買物できました^^お店のお兄さん(日本
語が上手!)と日本語と片言の韓国語で話せてたのしかったです^^

e0029472_21312439.jpg


仁寺洞でわたしが好きなピンクにちょっとオレンジ色が入ったような色を
見つけて思わずパチリ。
[PR]
by tuga369 | 2011-05-26 22:33 | 韓国旅行(한국여행) | Comments(4)

帰国しました。

5か月ぶりにソウルへ行ってきました。ソウルの新沙洞や三清洞を
散歩していたら、雰囲気の良いカフェがたくさんあって、ソウルの
カフェブームはほんとうでした。雰囲気が良くて、日本のカフェに
くらべるとリーズナブルなのでカフェで休憩ばかりしてました(笑)

うちに帰って写真データをパソコンに流したら3泊4日で500枚
くらい撮っていて、200~300枚くらいかなと思っていたので、
こんなに撮っていたかな?とびっくりしました。わたしの場合変な
看板とか、路上のくだらないものをちょこちょこ撮っているせいも
あるんですが…(笑)

そしてうちに帰ってアクセス数を見ると旅行に行ってる間、日記を
更新していないのに、見ていただいる方がいて、うれしかったです。
ありがとうございます。

旅行中はTVも見ず、パソコンのキーボードにもまったく触らない
生活で、携帯を持たないのでホテルからたまに家に電話するくらい
というアナログ生活でした(当日の天気予報はホテルのフロントの
お兄さんに聞いていた)

ホテルから仁寺洞が徒歩圏内で、よく行ってましたが、日本語が
明洞並みにばりばり通じるのに驚きました。今回は日本語3分の2、
韓国語3分の1くらいの使用頻度でした。

それでは 続きはまたあした!
[PR]
by tuga369 | 2011-05-25 23:18 | 韓国旅行(한국여행) | Comments(6)

きょうの朝ごはん。

e0029472_10202670.jpg


きょうの朝ごはんは、冷たいフレンチトースト(前日に焼いて冷蔵庫で
冷やしておく)とゴールデンパイナップルジュース(無印のやつ)です。
パンに干しぶどうが入っていたので、シナモンシュガーをかけましたが、
フレンチトーストにはやはりメープルシロップの方が合う気がしました。

22日から25日まで韓国旅行(ソウル)なので、日記をお休みします。
GWにまとまった連休を取れなかったので、気分的にはちょっと早めの
夏休みという感じです^^
[PR]
by tuga369 | 2011-05-21 10:36 | 食物(음식) | Comments(4)

朝からホラー。

朝、起きたら父の耳から出血が…ギエエエエ~ホラーだ!と思いました。
念の為病院へ行ったら、ひっかき過ぎとの事(爆)どうも寝ている間に
無意識に耳を手でかいてしまったらしいです(赤ちゃんぽい)何か耳の
病気だったらどうしようと思っていたので、何でもなくてよかったです。
[PR]
by tuga369 | 2011-05-20 22:04 | その他(그밖) | Comments(0)

八日目の蝉。

おくればせながら「八日目の蝉」をみてきました。ふつう蝉の寿命は七日
なので、八日目の蝉ってどういう意味なのかな…?と気になっていました。
(蝉は七日の命なので、八日目は死の先かな…?と思ってました)映画を
見ていくと八日目の蝉というのは主人公の薫の事じゃないかと思いました。
誘拐犯役の永作博美さんがうまくて、誘拐犯なのに感情移入してしまうと
いうか、自然とひき込まれました。

映画の初めは裁判のシーンからはじまって、誘拐犯の希和子(永作博美)は
ふてぶてしい人なのかな…?と思ったら、裁判に至るまでの経緯をみると
希和子が被害者で、元交際相手の男性とその妻が悪役のように見えました。
希和子が元交際相手の男性と妻の間に生まれた赤ちゃんを両親の留守中に
誘拐し、薫と名づけて実の子供のように育てる…というのが物語の主軸で、
逃亡中の希和子と薫はエンジェルホームという施設に身を寄せます。ホームの
中へ入ると、教会のシスターのような服装をした女性たちがファームハウスの
ような所で農業や染色をしていて、何も知らずに、エンジェルホームに入居
したい!と思ってしまいました(あぶない)エンジェルホームはエンゼルさん
という人物(余貴美子さん)を中心に、いろいろな事情を抱えた女性達が
自給自足の集団生活を送っている施設で、教会の施設なのかな?と思ったら
そうではありませんでした(-_-;)
映画の中では教祖という呼び方はしませんでしたが、余貴美子さんが教祖に
しか見えなくて(横でオペラを歌っているナンバー2みたいな人も怪しい)
エンゼル様のセリフで「(話す)相手が男とか女とか金持ちとか金持ちじゃない
とかじゃなくて、魂と魂で話をしたい」というのがあって、印象に残ってます。

エンジェルホームに市川実日子ちゃんがいて(!)森ガールみたいなシスター
ファッションで、なんか装苑ぽくてカワイイ!と思いました(画面のどこかに
スタイリストの大森よう子さんがいそうな感じでした)あと服がかわいくて、
エンジェルホームのグレーっぽいシスターのような制服と、小豆島のそうめん
工場のまっ白な制服とふわっとしたキャスケットみたいな帽子と、映画の中に
登場する永作博美さんのコスプレがかわいくて、いちいち「かわいいねえ」と
一緒に映画を見に行ったOさんにつぶやいてました。

Oさん(原作のファン)の話によると、映画では楽園のように描かれている
エンジェルホームは原作ではブラックな施設で、入会するときに持っている
財産をすべてエンジェルホームに寄贈することが条件で、ホームの終焉は
代表者のエンゼル様が亡くなったあと、内部の人間がホームの大金を持ち逃げ
して終わるということでした。カリスマ教祖が亡くなって教団がグダグダに
なっていく…というよくありがちというか、俗っぽい最後だなと思いました。
[PR]
by tuga369 | 2011-05-19 23:31 | 映画(영화)・ドラマ | Comments(2)