写真を撮るのがすきな愛のブログです。リンクフリーです☆


by tuga369
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
茶語のティーロードキャラメルが美味しい。
キャラメルと云ってもねちっとしてなくて、さくさくしている。
練乳を使用しているのでかなりミルキーな味で、風味が少し
飛鳥の蘇に似ている。かなり甘いですがミルクティーとか
紅茶に合いそうな味で、一袋210円という値段もうれしい。

バイトの休憩中にセブンイレブンで豆乳を買おうと思ったら
ミュシャのフィギュアを見つけてしまった。
今回のは四季(春・夏・秋・冬)をテーマにしたものらしい。
箱の中にどのフィギュアが入っているのかわからないのですが、
冬がすきなので冬がいいな~と思って買ったら偶然冬のフィギュア
(未彩色)が入っていた。ミュシャの冬の絵は色彩的には雪の白と
背景の樹木の茶色と妖精の服のベージュ、絵のふちどりの
くすんだブルーくらいしか使ってなくて地味なのに、かっこいい。

8月7日に種を蒔いた朝顔の苗にもうつぼみがついている。
朝顔は短日(たんじつ)植物と書いてあったがほんとうだ。
(短日植物=日が短くなるほど花の咲くのが早くなる性質)
[PR]
# by tuga369 | 2005-09-02 00:00 | 食物(음식) | Comments(0)

植え替え。

e0029472_211867.jpg

生育がいまいちなので8月28日にばら(キャンドルライトと
パパメイアン)を花壇の日当たりの良い場所に植え替えた。
ほんとは夏にばらを植え替えるのはよくないらしいのですが
気が向いた時にやらないと忘れてしまう。

遅まきの朝顔の植え替えも同時に行う。赤玉土と腐葉土の
買い置きがなかったので、ふつうの庭土を植木鉢に入れる。
庭土は赤玉土などに比べると、土の粒子が細かいので
水はけが悪くなるとか園芸の本に書いてあった気がするが、
今のところ問題は起きていないのでよしとしよう。

9月10日は覇王別姫を見に行く。
九月なので奈良で買った縞の着物に紫の半幅帯と薄紫色の
半襟(木綿の無地布を利用)と足袋にしようかな~とか考える。
暑かったら若草色の無地の浴衣の下に夏用の白の長襦袢を
着用して着物っぽく着るという手もある。
今年は麻の着物を5回くらい着た。黒なので非常に着易い。
黒は洋服感覚というのか着ていて落ち着くし、電車の中でも
浮かない。帯の色もあまり選ばないので着まわしに良いかも。

さいきん気がついたのですが、子供の頃からの性格って
あまり変わらないなと思う。昔から人から指図されるのは
大きらいやし、物事を理解するのに人よりも時間かかるし。
このまま行くと、けっこう頑固な老人になりそうでこわい。
[PR]
# by tuga369 | 2005-09-01 00:00 | 花(꽃) | Comments(0)

ファントム。

e0029472_17153472.jpg


オペラ座の怪人のDVDをみた。ファントムとクリスティーヌって
音楽を媒介としたソウルメイトやな~とつくづく思ったよ。
ソウルメイト(魂の伴侶)ってお互いを高めあう関係なんやけど、
恋愛関係にはほとんどならないんやて。
主要キャラ三人の関係をつい処天にあてはめてしまうんだけど、
怪人(廐戸王子)と婚約者のラウル(布都姫)の間をふらふらする
エミシーなクリスティーヌに見えた。
怪人といる時のクリスティーヌ、魂がどこかへいっちゃってます。
地下牢で作曲したり、舞台美術を考えたり、フィギュアを作ったり、
万能な天才ぶりを発揮するヒッキーでおたくでストーカーな怪人も
王子を彷彿とさせるなあ。かれも常に孤独やし。
怪人に対してラウルが「お前に情けはないのか?」というんやけど、
「だれがわたしに情けをかけてくれた?」というセリフが印象に残る。

白鳥の湖とかもそうで、妖しげな魅力を持った黒鳥が廐戸王子で、
清楚な白鳥が布都姫のイメージ。白鳥と黒鳥の間をふらふらする
王子が毛人ということで(笑)さいきん読んだ白鳥の湖の解釈に
よると、清楚な女性の象徴の白鳥と、妖艶な女性をイメージさせる
黒鳥は男の人の願望らしい。男の人の解釈なのでよくわからない
のですが…。

今回再び映画をDVDで見て、マダムジリーがうまいなぁと思った。
あまり目立たないんだけど重要な役で、何かを知ってる感じね(笑)
支配人のアンドレのプチブルジョアっぷりとオーケストラのマエストロ
(指揮者)も小動物っぽくてかわいい事を発見。
映画に登場する楽曲では、クリスティーヌの舞台デビューとなった
「シンク・オブ・ミー」の歌は以前はあまり好きじゃなかったんだけど、
改めて聞くと透明感のある歌声できれいやなあと思ったよ。
白・黒・赤・金と舞台装置や衣装の場面ごとの色彩の使い方が
うまい。白でクリスティーヌの清楚な雰囲気を表現して、
黒で怪人のミステリアスで重厚な感じ、赤い衣装で怪人の
憤りであるとか鬱屈した感情を表現して、金色でオペラ座の
華やかでゴージャスな感じを出す…とひとつひとつは
抑えた色調なんだけど、同系色で合わせてるのでたくさん
色を使うよりも画面が見やすいし、統一感がある。

前回映画をみた感想を書いたので、それと感想が多少だぶってる
部分があるかもしれません。すみません~。
[PR]
# by tuga369 | 2005-08-31 00:00 | Comments(0)