写真を撮るのがすきな愛のブログです。リンクフリーです☆


by tuga369
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

冬の小鳥。

おくればせながら「冬の小鳥」を見てきました。韓国ドラマや映画を
見ていると養子の話が出てくるので、「冬の小鳥」の監督が実際に
韓国からフランスへ養女に行った方だというエピソードを聞いて映画に
興味を持ちました。映画の感想は…見ていてちょっと複雑な心境でした。

映画の初めのシーンで、お父さんと子供が一緒に暮らしていて、父親が
子供に新しい服や靴、ケーキを買い与えて、子供は大好きなお父さんと
一緒にいられて有頂天なんですが、お父さんはいなくなり孤児院のような
所で生活することになります。父親が戻ってこないのに子供はお父さんが
迎えに来てくれる事を信じて周囲の環境に反抗しながら、ずっと待って
います(孤児院は自分の家じゃないので、順応する事を拒否したのかも)
映画のラストで、お父さんが新しい家庭を持って「もう自分を迎えに来る
ことはないんだ」ということを受け入れて、子供が新しい世界へ踏み出す
ところで映画が終わります。ラストで空港を歩く子供の表情をみていたら、
めずらしく涙ぐんでしまいました。

自分には子供がいないのでよくわからないのですが、映画を見る前に父に
「もしも何か事情があって小さな子供を手放すことになったらどうする?」
と聞いたら「子供は絶対に手放さない」と云っていて怖かったです(-_-;)

周囲に当たり散らすジニ(主人公)を見た孤児院の寮母さんみたいな人が、
「むしゃくしゃすることがあったらふとんを叩きな!」と云って主人公が
ふとんをバッティングするシーンが印象に残ってます。寮母さんもつらい
ことがあってふとんを叩いてました。あと子供達が夜中にこっそり花札で
占いをしてるのがふしぎな感じでした(しかもなぜか日本の花札なのです)
[PR]
Commented by rinrin at 2010-11-15 09:16 x
子供は、親からうけたつらい仕打ちを
「わたしのここが悪いから」と考えるらしいの
だから
ジニガンホ自分の捨てられた理由を院長に話した時、
少しジニは解放されたのかなと
>「もしも何か事情があって小さな子供を手放すことになったらどうする?」

と、娘に聞かれたら、わけもなく
怒り狂うかな(笑)
考えたくもないことだから
子供とはそういう
存在だし、
そういう存在でないと
いけないと思うの
Commented by tuga369 at 2010-11-16 01:05
ジニがお父さんことを悪く云わないのがまたつらかったです。
ジニが何も云わないかわりに、教会のシーンで牧師さんが
「父よ 父よ なぜわたしを捨てたのか」と聖書(?)を読む
シーンがありましたが…。

>考えたくもないことだから

そうですよね。いつも冗談をいったり、のん気な父ですが、
この質問には、めずらしくまじめに怒ってました。

>子供とはそういう
>存在だし、
>そういう存在でないと
>いけないと思うの

ほんとうにそうだと思います。
by tuga369 | 2010-11-14 22:12 | 映画(영화)・ドラマ | Comments(2)