写真を撮るのがすきな愛のブログです。リンクフリーです☆


by tuga369
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

入稿完了。

紫苑さんの代理でお茶の水の印刷屋さんへ入稿に行って来た。
行ったのが平日の午前中なので空いていてゆっくり丁寧に
原稿をチェックしてもらえてよかった。印刷って指輪とかの
オーダーと一緒だね。「ここはこうなりますが、良いですか?」と
事前に依頼主に了承を得るところが同じだ。
印刷屋のおねえさんは原稿を見るところが違っていて、断ち切り線
までしっかり描いてあるか(ベタやトーン)という所を重点的に見ていた。
原稿を1ページずつチェックする時に原稿の内容は特に追っていない
と思うのですが、ふだん人に直接自分が書いた物を見せる機会が
ないので(ネットとかFAXではありますが)はずかしい。

事前に原稿の汚れやホコリを修正・除去してから行ったのですが、
印刷のおねえさんが残っていた汚れを発見。さすがプロ!
印刷屋さんで修正するかもしれないなあと思って修正ペンを持って
いったのは良いが、トーンカッターを忘れてしまい、カッターとベタ用の
マーカーを貸してもらった。印刷屋さんへはいつも使っている文房具を
持って行くと良いなと思った。

入稿の帰りにお茶の水のレモン画翠で紙を買う。売場はこぢんまり
してるけど、伊東屋だとお取り寄せになるクロコ(表面にトカゲ皮の
ようなエンボス加工がしてある紙)が全色そろってるのがスゴイ。
とりあえずクロコの苔色とべに色をえらんで棚を見たら新利休とか
オフメタルとか近所の画材店から姿を消したなつかしい紙が!

お茶の水から銀座へ行き、スペイン料理店でお昼ごはんを食べた。
子牛ときのこの煮込みを注文したら素焼きの平たいお皿にぐつぐつ
いっている料理が運ばれてきた。これどこかで見たことがあるなと
思ったらデニーズの知床鶏のチリンドロンというメニューだった。
スペイン料理の煮込みは内側に透明な釉薬のかかった素焼きの
平たいお皿で出てくることに気づいた。お皿がかなり熱くなっている
のでオーブンでお皿ごと加熱調理しているみたいだ。
[PR]
by tuga369 | 2005-12-17 00:00 | まんが(만화) | Comments(0)