写真を撮るのがすきな愛のブログです。リンクフリーです☆


by tuga369
カレンダー

偽りの花園。

「薔薇の微笑 愛すれど心哀しく」浅野温子が難役に挑戦とか新聞に
出ていた。楽しみなんですけど、どうなんでしょうね~。

「偽りの花園」最終回を見た。途中見てないので細かい部分はわからない
のですが(すみません)上原さくらがケバくて良かった。狐の襟巻きとか
ゴージャスなアイテムが似合う。しかしラストの主人公が刑務所から
出所して夫が他の女性に目移りもせず、変わらぬ愛で待っているなんて、
ファンタジーだ。昼メロの王道ですね。真珠夫人もそうだったけど、夫や
好きな人のために自分の代わりに後添えの女性を置いてゆくのがふしぎ。
一見、「非常に良く出来た奥さん」という感じなのですが、後添えの女性と
夫に嫉妬したりしないんだろうか。

夏コミのネタをやっと書き始めた。えみうまなので新婚さんいらっしゃい
みたいな内容だ。内容が浮かばなくて、紫苑さんに利害関係のある愛人
ネタじゃないと萌えないと云ったら「ふたりは既にねんごろな関係でいい
んじゃない」と云われ、そのような設定でゆくことにしました(笑)

お凉様の「ツタンカーメン」がアニメ化されている夢を見た(重症)砂っぽい
色合いで、けっこう絵や線はきれいだった。しかし子供向け純良健全路線
アニメなので一向に萌えない。アニメといえばNANAのヤスの声がいい。
[PR]
Commented by ペリドット at 2006-07-01 01:21 x
「ツタンカーメン」がアニメ化・・・まで読んで、「えーっ!?ホントに?」と思ったら、つがさんの夢でしたか(笑)
先日、米倉凉子さんがレポーターでクレオパトラの事をやっている番組がありましたが、そこでツタンカーメンの墓や発掘の事も出てきて「おお、山岸先生を思い出す~」と思いながら見てました(笑)

私は、「後添え」という言葉は山岸先生の「貴船の道」という作品で初めて覚えましたよ(笑)
奥さんが病死した後、不倫相手だった女性と結婚して、2人の子供を面倒みる・・という話ですね。チューリップの新芽が指に見えて「ぎゃぁ!」というやつです(笑)
結婚している身にとっては何だか他人事ではなく、これもなかなか奥の深いお話ですよね。「業」というものについて考えさせられます。

コミケというものには私は全く縁が無いのですが、そこに行けば生のつがさんに会えるんですよね~(笑)
未知の世界ですが、ちょっと行ってみたいかも(笑)
ネタ作り、頑張ってくださいね♪
Commented by tuga369 at 2006-07-01 20:32
すみません、妙にリアルな夢だったのです(笑)「ツタンカーメン」なら
「夢」や「努力」などをテーマにふつうにアニメ化できそうな気がします。
つがも米倉涼子の番組、少し見ました。米倉涼子目当てで見たので、
途中歴史再現VTRが多く、見るのをやめてしまいました…。エジプト
ものは山岸先生を彷彿させますよね。

そういえば「後添え」ってちょっと古い言葉ですよね(汗)20歳より下の
ひとは知らないかもしれません。「貴船の道」に「後添え」という言葉が
出てくるのですか。大人だな~(笑)つがはドラマや小説で知りました。
「貴船の道」で思い出したのですが、能の演目に後妻を呪うために
京都の貴船神社に丑の刻参りする「鉄輪」(かなわ)という曲があり、
寒くなりました(-_-;)鉄輪=頭に乗っけてるローソク台(五徳)だそう
です。

はい。8月11日にコミケなるものに行くと「生つが」がいます(笑)
ネタ作りがんばりまする~。
by tuga369 | 2006-07-01 00:00 | 映画(영화)・ドラマ | Comments(2)