写真を撮るのがすきな愛のブログです。リンクフリーです☆


by tuga369
カレンダー

東博でお茶会。

着物で若冲展行ってきた(2回目)日曜なせいかえらく混んでいる。
(先週の「美の巨人たち」が効いているようです)時間をずらす為に
先に平常展をさらっと流すことに。1時間後、若冲展へもどったの
ですが、まだ混んでいる(-_-;)はじめのコーナーが混んでいるので、
苦肉の策として順路を逆行することに。ガラスケースなしの照明変化
コーナーはひとが密集してなくて、なんとか見ることができました。
しかしもと来た道を逆行しても混んでいるので、どうしようと思っていた
ところ、ともだちが偶然「お茶会」の看板をみつけ、14時から催される
応挙館でのお茶会に参加。(丸山応挙=仔狗(こいぬ)と朝顔切手の
ヒトです)応挙館は応挙が57歳で目が悪くなったときに治療を目的
として滞在したお寺を東博の敷地へ移築したものらしい。ガイドボラン
ティアのおじさんが博物館裏の庭をガイドしながら、応挙館へ案内して
くれる。ガイドの方のお話によると東博物館の本館の建物は築68年
経っていて、敷地内にある樹木で重要文化財に指定されている木も
あるそうです。建物や仏像などではなく、生きている木も重要文化財
に指定できると知らなかったのでおどろいた。庭にある池を見るともう
薄いピンク色の蓮が咲いていた。

室内に入ってさらに驚いたのは、壁や襖にうっすらと水墨画が描か
れていてもしかして応挙かな…?と思って聞いたら応挙の絵でした。
応挙の水墨画を背に抹茶をいただけるなんて、なんというぜいたく。
これで500円でいいのだろうか(係の方のレクチャーによると、昔は
この部屋で財界人を招いて茶会や書画・骨董のお披露目会などを
催したそうです。40億円する36歌仙の絵巻を37分割した話が出て、
資料の絵巻のコピーがころころと転がされて廻ってきたのですが、
最も高い斎宮女御の絵の部分が偶然つがとともだちの前に来て驚く。
お菓子は夏らしくかるかん(きめの細かい白い生地の底に抹茶色の
生地、小豆が沈んでいる)に抹茶。楊枝はクロモジを削った手作り。
床の花は青磁の花瓶に八重咲きのくちなしで白い花がさわやかな
感じでした。ただお茶を飲むだけの気持ちで参加したのですが、
レクチャーがなんかやたらと充実していておもしろい。それによると
書院の定義は3つあり、1、床の間があること、2、違い棚があること、
3、別室があることだったと思う。

お茶会が終わってもまだ混んでいましたが、4時半以降空いてきて、
なんとか見られるようになった。場所によってはかなりスカスカな
ところもあった。5時に近づいてきて時間は大丈夫かなと思ったら、
土日祝は6時まで開いているのですね。よく見たらチケットに書いて
あったよ…(-_-;)それにしても思いがけずお茶会に参加することが
できてたのしかったです。
[PR]
Commented by mi-ya at 2006-07-17 11:23 x
若冲、やはり混んでましたか?私は金曜日の昼間に行ってきました。PTAで仕事の休みをとっていたので、それが終わった後、ダッシュで上野へ。平日にしてはけっこうな人出でした。
すごく面白かったです。でも若冲を17点といわずもっと見たいです。個人的にはプライスさんが最初に買った「葡萄図」がとても好きですが、これ同じ人?と思う程、いろんな画風なんですね。
宮内庁が最も油の乗ってる時期の「動植綵絵」のシリーズ30幅を 京都相国寺から寄贈され持っているようですが、一般公開してるのかしら?
再び急いで帰らなくてはならず、平常展も法隆寺館も見れず残念!
(おかげで落雷の影響受けずに帰れましたが)
お茶会の看板、私も見て時間があったら寄ってみたいな〜と思ってたんですよ。500円で充実の時が過ごせそうですね。
秋に京都国立博に廻るんですね。関西のお寺にもいくつか若冲あるようですし、ついでに奈良も回って・・・な〜んて、夢想してます(笑)(かなり実現は困難ですが・・)

Commented by tuga369 at 2006-07-17 12:25
mi-ya さんは平日にいらしたのですか。賢明です。ともだちと休みの
あう日が日曜なので行ったのですが、かなり混んでいました(笑)
美の巨人たちでこの状態なので、23日の日曜美術館放送の後が
さらにこわいです。落雷の影響を受けなくてラッキーでしたね!

あっ葡萄図いいですよね~。ほんとうに同一人物とは思えない画風の
広さですよね(汗)中には若冲の作ではないという説もあるそうです。
「動植綵絵」は現在三の丸尚蔵館で一ヶ月に6点づつ無料で公開して
います♪三の丸尚蔵館のある東御苑の散歩もおすすめです。
<三の丸尚蔵館>
http://www.kunaicho.go.jp/11/d11-05.html


お茶会は冷暖房がなく、汗たらたらでしたがおもしろかったです。
お茶会の他に園内の樹木ガイドツアーなどもやっているようです。
by tuga369 | 2006-07-17 01:27 | 工芸(공예) | Comments(2)