写真を撮るのがすきな愛のブログです。リンクフリーです☆


by tuga369
カレンダー

もっと知りたい伊藤若冲。

「もっと知りたい伊藤若冲」という本を読んだのですが、家族構成
から好物(若冲の好物はそうめん。後に禅僧になったので、ニラ
とかニンニクとか匂う野菜は食べない)まで載っていてより若冲に
近づける内容となっています。(若冲さまに会いたい!みたいな
ファンブックなのだろうか)著者のあとがきに「若冲がすきだった」
とか書いてあって告白じゃないのかコレみたいなコメントが載って
います。若冲の絵の中に白い鳳凰の絵があって、これは若冲の
服装倒錯願望のあらわれじゃないのかみたく書いてあって萌え
ました。いやほんとうに女装した男性がゴージャスな総レエスの
ドレスをまとってうっとりしている表情というか(ウエディングドレス
に見える…)どことなく鳳凰の表情もなまめかしいのです。だれ
でも変なところがひとつやふたつあると思うので、別に変だとは
思わない。こういう絵のなかに隠されたあやしさみたいなものに
魅かれる。このように絵は自分ですきなように絵を描いたひとの
気持ちや製作された時代背景などを自由に妄想じゃなくて空想
できるのが楽しいと思う。(この頃若冲ネタばかりですみませぬ)

22日にテレプシ9巻ゲット。もう9巻まで来たんだね。
六花ちゃんがかわええ。たしかにくるみで子供らしいクララって
見かけないよな…。おとな顔負けみたいな子は多そうですが。
テクニック偏重というか、いくら踊りが完璧でも、淡々と踊ってい
ては情緒性が感じられず、無味乾燥とした舞台になると思う。
感受性が高く、周りの状況に影響されやすい六花ちゃんですが、
この子の良いところは素直な所だと思う。素直というのは一見
単純そうですが、マイナスの気をはね飛ばす非常に強い心で
はないかと思う。その証拠に、マイナスの気にとらわれている
屈折したり、歪んだ心のひとは素直になれない、と思いました。
[PR]
by tuga369 | 2006-07-23 06:56 | 工芸(공예) | Comments(0)