人気ブログランキング |

写真を撮るのがすきな愛のブログです。リンクフリーです☆


by tuga369
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

イルチメ1話あらすじ。

夜になって,ずきんを付与一番日チメ(イ・ジュンギ)は氷屋に変装したまま
守門将らをだまして,鉄門を入る。 引き続き全角屋根をよどみなく走って
いく日チメ,すなわち内需司に到着する。 すでにものものしい警備がなされて
いるが,日チメはよどみなく宝物倉庫の内需庫に入る。 引き続き潜伏した精
鋭武士を落葉のように処理した日チメは梅一輪を残してはゆうゆうとそちらを
抜け出る。

時間は13年前人造9年に帰って,イ・ウォンホは梅を描くキョミに他の花も
あるのになぜ唯一梅だけ好むのかと尋ねる。 すると抑えがたさである桜の花に
似たが大騒ぎらしくなくて,梨の花と似ていても裏悲しくないばかりか君子の
奥ゆかしい格調が感じられて,梅が好きだという返事を聞かせる。

一方,漢陽近隣ある村落が炎に包まれて人々が右往左往する。 その時盲人処は
ポンスンを背に負って駆け足に余念がなくて,馬のひづめ音が聞こえるやポンスンに
ずっと走って行けと頼んだまま一人私的推薦無理を対抗するが力不足だ。

そうであるかと思えばイ・ウォンホとともに漢陽に行くことになった抑え
がたさである妻蔭補は漢陽の姿に失望したそぶりが歴然な渦中にポンスンと
初めての出会いを持つ。 その時刻シフは意外に泥棒に集まって….
by tuga369 | 2008-05-21 00:00 | イルチメあらすじ・感想 | Comments(0)