写真を撮るのがすきな愛のブログです。リンクフリーです☆


by tuga369

2007年 11月 23日 ( 1 )

東京本気の韓国料理店。

本屋さんで偶然みつけた本。いままで新大久保を適当に歩き回っていたので、
こういう本が出てきてありがたいです。リーズナブルで気楽に入れるお店から、
高級店まで180店のお店が豊富な料理写真とともにリストアップされています。
紹介されている韓国料理のお店では、さいきん行った高矢禮(ゴシレ)の記事も
ありました。神仙ソルロンタンがすきなので、ガイドブックに載っていたお店では
上野ソルロンタンが気になります。それにしても東京だけでもたくさん韓国料理
のお店があるのですね。

東京本気の韓国料理店

本を読むとマイガイベントの打ち上げをした銀座の韓豚屋(わたしたちがたくさん
食べるので、お店のお兄さんによく食べるね~と云われてしまいました(笑)
女子8人で行ったのですが、イベントのあとでみんなハイテンションで、料理が
くるたびに拍手したりして個室には異様な熱気が満ちていました。それにしても
みんなと行くと2食分くらい食べているような気が…)や、新大久保の韓国広場
(いつも混んでいる韓国食品スーパー)韓流バザール、韓流館、南大門市場、
おんどる、BCD TOFU HOUSEなど、見覚えのあるお店の名前がちらほら
出ていて、おもしろかったです(笑)

さいきん読んだ保存食の本にキムチの作り方が載っていて、キムチを使った
料理で牛肉入りキムチチャーハンが載っていて、作ってみたらとても簡単で、
おいしかったです。それからキムチチゲのだしは牛骨や鶏がらスープなどを
使うと思っていたら、煮干しだしを使うと本に書いてあって、意外な感じでした。
キムチの材料をみると白菜(野菜)ににんにくや唐辛子などの香辛料、さらに
アミの塩辛(魚介のうまみ)が入って、さらに発酵の風味が加わるという、なか
なか複雑な構成になっています。
[PR]
by tuga369 | 2007-11-23 00:00 | 本(책) | Comments(2)