写真を撮るのがすきな愛のブログです。リンクフリーです☆


by tuga369

2010年 12月 29日 ( 1 )

e0029472_2045058.jpg


センパの翌日、12日の午前中に待ち合わせて、SちゃんとHちゃんと
たか君とはーちさんといっしょに宗廟(チョンミョ)へ行ってきました。
(ホテルから徒歩圏内でした)ここはいままでずっとお墓だと思ってい
ましたが、宗廟の日本語ガイドさん(ポーカーフェイスでたまに地味な
ギャグをつぶやく女性でした)によると、ここはお墓ではないそうです。

e0029472_20454282.jpg


宗廟は地上に戻ってきた先祖の魂を迎えて、祭礼(食物をお供えして
音楽や踊りで楽しませる)をする場所、と聞いたような気がします。
祭礼を600年くらい続けていて、世界遺産に認定されたそうです。

e0029472_2046192.jpg


石を敷いた道が3つに分かれていて、左が王子様の道、中央が王様の道、
右が王妃様が歩く道だそうです。道の表面がでこぼこしているのは、気を
つけて、つつしんで歩くためだそうです。ガイドさんの説明がある前に
たか君が道の左側と中央を踏んでいて、ガイドさんに注意されてました(笑)

e0029472_20462053.jpg


朱色×緑色で、日本の神社でも見かけるような色合いです(日本の神社は
白の部分が多くて、朱色と緑色がポイント的に使われている感じですが)

e0029472_20463976.jpg


門の柵にすき間が空いているのは、ご先祖様の魂が自由に行き来できる
ようにだそうです。ガイドを聞いていたら「ご先祖様」「位牌」という
言葉が何度も出てきました。宗廟に木の位牌があって、縦と横と中央に
穴が空いていて、たしかお盆の時期にご先祖様の魂が入って出て行くと
聞いて、宗廟は先祖の魂が一時的に留まる場所=ホテルだと思いました。

e0029472_20464829.jpg


しんさんが「チョンミョはあまりおもしろくないよ~」といっていた
とおり、同じような建物が並んでいて観光地としては地味な外見ですが、
亡くなった後、魂が天に昇って、体は土にかえる(祭礼では白い麻を
燃やして灰にして土に埋める)という韓国の死生観を知ることができて、
頭の中がクリアーになりました。日本は亡くなった後「あの世に行く」
といいますが、韓国みたいに体と魂がはっきり分かれていない感じなので、
ちょっとちがうなと思いました。

e0029472_20465711.jpg


西から東へ建て増ししていった宗廟。死後の世界では、西(日が沈む
方角。写真では向かって左側)が上座だそうです。東(右)へ行くほど、
世代の新しい王様の部屋になっている、と聞いたような。
観光地で日本語ガイドを聞くというのが型にはまった感じできらいで、
いつもガイドなしで好き勝手に歩いているのですが、宗廟は日本語
ガイドを聞いてよかったなと思いました(ガイドは全て日本語だった
ので、SちゃんがHちゃんに韓国語に通訳してました)
[PR]
by tuga369 | 2010-12-29 20:56 | 韓国旅行(한국여행) | Comments(0)